スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2009年12月号

櫻太助「毛玉日和」
・社会見学でバードパーク。福ちゃんとママたる飼育員さんの親子愛を見せる回。「無条件の愛情」で〈いい話〉を締めたかと思いきやラスト一本+床コメントで小豆もなかの可笑しさをバッチリ見せてくれる構成がいいなあと。
珠月まや「にゃんことカイザー」
バレンタインデー。ぱれっと作品に季節感も何もあったもんじゃないぜ! モザイク入ったチョコレートが卑猥すぎる。カイザーは本当にバカだな。
荒井チェリー「未確認で進行形」
肌色多めのセンターカラーでお届け。違うのこれは小紅の体の傷を見せるために必然な肌色なの! それはそれとして,登場人物の過去により物語を駆動させている点が作者新境地だよなあと思う。「ワンダフルデイズ」にもその片鱗は見られてけど今作はもっと露骨。
【ゲスト】シルエットさくら「ちいまま。」
妻を亡くし娘と二人で暮らす男。彼のもとに科学の手によってよみがえった妻(見た目は幼女)が帰ってきて――。カップルラブイチャもの(肌色多め)待ってました! やっぱりこの作者はこうでなくては。上目使い幼妻おいしいです。また読みたい。
神堂あらし「M-one」
戦隊燃えヒロコさん。「4人目はキミだー!!!」の一本に手がつけられないキャラがまざまざと出てて可笑しい。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2009年11月号

3周年記念号。付録に3周年ありがとう小冊子。ぱれっと連載作家が自身の作品のイラストを描く。執筆陣は,高野うい,内村かなめ,ちざきゃ,結城心一,一葵さやか,華原七海,荒井チェリー,珠月まや,稲城あさね,神崎りゅう子,三ツ雪柚菜,ストロマ,ストライク平助,佐倉太助,磨伸映一郎(掲載順,敬称略)。

櫻太助「毛玉日和」
社会見学でバードパークへ。そしてフクロウの福ちゃんが登場。幼さと健気な姿に庇護欲をかき立てられるキャラや……! 「ママ」の飼育員さんに抱かれて安心する姿とかたまらん。この作品に出てくる動物っ娘は誰も彼もみんな可愛らしいなあ。単行本1巻が11月21日に発売。
神堂あらし「M-one」
ヒナタを意識し始めたマサキ。そしてお客さんに気にかけられるヒナタ。うおいそこでNTR的なお話かよおおおおと思ったら実はサイトで勝手にネタにされてましたオチで安心した。そして男の子なマサキで脱衣ピンボールを作っちゃうところが作者作品の女性キャラらしいなと。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2009年10月号

だから下敷きじゃなくてせめてクリアファイルをだね……。

荒井チェリー「未確認で進行形」
真白inハイスクール。ツッコミどころ満載の真白の〈非常識〉さを見せてくれたかと思ったらさらに紅緒で上書きするという芸当を見せてくれるぜ荒井先生はよぉ!! 幾重もの力関係をこうもあっさりと描く辺りはさすが多キャラに定評のある作者と思わざるを得ない。
神堂あらし「M-one」
続・海編。カップル設定にテンパるマサキ・ヒナタ双方の可笑しさよ。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2009年9月号

下敷きじゃなくて,REXみたいにクリアファイルを付録にしてくれないかな……。

夏コミ一迅社ブースはNo.311。ぱれっとからは『ぱれっとnano』が二冊セットで販売。

第1回ぱれっと大賞結果発表あり。準大賞にひびのこやし「エンサイン!」,入選に和錆「うさぎさん大侵略!!」,佳作に吉北ぽぷり「きゃばくら!」,中田晶「コイハナ放送室」,栄智ゆう「重角の保健室」,futa「大中華熊猫飯店」,奨励賞にミカミハジメ,柳橋えのき,アリエ,因幡うにゅ,新盤,内海まりお,だんな,宮賀暦,最終選考通過は二糖,浦津頼信,ピンチ,上向だい,天舞美羽,ふじたに真砂,お~たけ。,孫田瑶子,ノベイタ(記載順・敬称略)。大賞は出なかったものの,結構太っ腹に賞(と賞金)を出してきた印象。

受賞者の中で私が一番楽しみにしているのは和錆氏。COMIC1☆3とCOMITIA88で出してた果物擬人化4コマ本『Fleur』の印象が強いのだけど,ちょっと調べてみたらアンソロ系の人だと分かった。なるほど。

【連載再開】三ツ雪柚菜「すこあら!」
ゲーマー少女・こあらが「1年くらい」ぶりに復活。みんなでフリマの回。フリマは宝探しですよねー。プライズのぬいぐるみとかウットリ。愛は買うことで示せ! ところで「MDバッグ」は実在するんですね。
寺本薫「warning!」
先月号からの連載作品。シノさんがガチ百合なのはともかく,藤井くんとナオさんがどう絡むのかは気になるところ。ぱれっとってきららほど百合空間が強くないよね。
【隔月連載】森圭治「こまらぶ」
進一郎くんは腐男子。薔薇空間の誤解へ向けようとする女性陣にやられっぱなしな進一郎くんが可笑しい。小蒔さんもピュアにノってる最後の一本が特にいい。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2009年8月号

鶏子『りんたま』が7月22日に一迅社から単行本化。かつて芳文社『まんがタイムきららMAX』に連載されていたストーリー作品。芳文社からは単行本が出ず,同人で再録誌が出てたけど,こうして商業で単行本が出るのは作品の読者として嬉しい限り。ナイスサルベージ。

【新連載】寺本薫「warning!」
憧れのおもちゃメーカーに就職した神田さん。かわいいグッズを期待していたけど、配属されたのは「萌えを重視した製品」の企画室で。顔見せ程度の第一話。大人のお姉さんキャラに作者らしさを感じたのだがどうか。
荒井チェリー「未確認で進行形」
幼女スキーの義姉に勝てない真白。そしてお子様な真白。でも子紅には強気な真白。彼女と周辺キャラの力関係を見事に調節した回だよなあ。真白に一気に親しみが湧いた。
神堂あらし「M-one」
ドン引きされるほどオタク的に突っ走るマオさんだけでお腹いっぱいです。「ガールズトーク」でキレイにまとめられそうになるから困るw 本編からずれるけど「ナポリたん」は麺が髪になってるところがうまいと思った。

次号から三ツ雪柚菜「すこあら!」が連載再開。何か月振りだろう。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2009年7月号

『キャラ☆メル』の広告として「けいおん!」の唯が載ってて吹いた。

荒井チェリー「未確認で進行形」
先月号からの連載作品。ヒートアップする小姑ズ,外野で勝手に私の人生決めてんじゃねえ的な小紅,真顔でお前を守る的な言動を示す白夜。小姑ズと本人同士の温度差が印象に残る。物語の主導権を主人公が握っていない点が,ぱれっとでの前作「いつかまたかえる」に通じるなあ。きらら系作品を含めると「キミとボクをつなぐもの」辺りからの流れかなあ。
内村かなめ「もっと!委員長」
夏,すなわちプール,すなわちスク水と塩素の臭いと生乾きの髪と制服の下に水着を着込んでくる同級生。これが全部そろったら変態な女子たちを描くのに事欠きませんよね的な一話。ちよえみの関係はもとより,最近ではえみなみの関係もちょこちょこ描かれて,こちらも気になるところ。
櫻太助「毛玉日和」
進級とユキとコロンの「ないしょ」。好みの問題として,クライマックスでない回で〈いい話〉が出てきたら,最後の一本で〈笑いの日常〉に戻してくれると,作中の〈日常〉が崩れる予感への不安が紛れて安心できるなあと。その意味で,ユキの悪友は実にいい存在だなあと。
珠月まや「にゃんことカイザー」
お正月。季節感ガン無視な様に,萌え系4コマ誌で季節感ってどれほど重要視されていたかなあと考えさせられた。上で挙げた二作品も,ファミリー4コマ誌で考えられる今の季節(≒梅雨)と少しずれてるしね。
【最終回】祥司はるか「僕の彼女は同人腐女子」
拓くん引っ越し,雅ちゃん追っかけ。最後までぶれることのないラブラブな二人がいい。雅ちゃんから拓くんに向かう愛のエネルギーに安心し,一方で雅ちゃん始め腐女子陣のエネルギーが可笑しい,いい作品だった。単行本が7月22日発売。ちゃんと発売されるようでひと安心。楽しみ。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2009年6月号

【新連載】荒井チェリー「未確認で進行形」
16歳の誕生日をむかえた小紅さんは,母から突然,許嫁の白夜を家で預かることを知らされる。さらに小姑,すなわち白夜の妹・真白も追いかけてきて――。紅白ファミリーの多角関係? 顔見せ程度の第一話。これからという感じ。タイトルの意味が気になるところ。
【最終回】湖西晶「ソーダ村のソーダさん」
時は戻って現在。斎田の走馬灯に紛れ込んでいた果子,と。で,過去は変えられた,と。「ソーダ村~」とはまた別の仕掛けだったのね。最初からもう一回読み返すと味わいが出てきそうな感触。単行本は6月22日に発売。
神堂あらし「M-one」
ヒナタさんのビラ配り。ライバル店なのに手伝ってくれるエリさんがカッコいい。バーガーショップ店員の鏡やわあ。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2009年5月号

『いつかまたかえる』や『あにけん(2)』『あねけん(1)』にも単行本記念フェアがあるのね。

湖西晶「ソーダ村のソーダさん」
……えーと,「ソーダ屋」と(細部は異なるにせよ)似た仕掛け? 何とも言いづらいなあ。次回の最終回によりけりか。
内村かなめ「もっと!委員長」
ただただ,めいがキモい。くま子の笑顔を反芻して屋上でひとり悶えるシーンがひどすぎるw その一方で(むしろそんな姿に)女子的エネルギーにあふれたキャラだなあとも思う。単行本2巻が現在発売中。「1ページを除いて全ページ加筆修正」とかすごくね? 4月売りの作者単行本2作品と連動した小冊子全プレ企画あり。
櫻太助「毛玉日和」
先月号の話をリス子・コロサイドで。リス子はその幼な妻ぶりなデレデレにニヤニヤせざるをえない。コロは単純に子供だよなあ。だからお胸が出てても大丈夫!
神堂あらし「M-one」
先月号からの連載。〈非常識〉な女キャラにあふれた中,ヒナタちゃんという〈常識〉的な存在は安心できる。最後のエリさんのセリフはツンデレっつーよりもむしろバーガーショップ店員の鏡だよなあと。
【ゲスト】智「からふるトラブル」
短期連載開始。お嬢様学園の探偵少女(自称)。この作者は限定された舞台で限定されたキャラを動かすのが好きなのかなあと思った。いや初見で何をかいわんやですが。
祥寺はるか「僕の彼女は同人腐女子」
女体化のお話。「兄弟でも男女の間にベルリンの壁は崩れるのよーっ!!」←今回の名言。女子更衣室・女湯妄想に「ちょっといいかも…」と漏らす拓くんは男子の歪んだ欲望を暴くために用意されているんじゃないかとかなんとか深読みしてみたくなるけどそれほどでもないか。

読める作品が多いという意味で良い雑誌だと思う。次号から始まる荒井チェリーの新作4コマ「未確認で進行形」にも期待。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2009年4月号

誌内に『東方儚月抄 月のイナバと地上の因幡(上)限定版』注文書あり。特典はうどんげフィギュア。今夏発売予定。

【新連載】神堂あらし「M-one」
バーガーショップのバイトさんたち。女性キャラのいかがわしさ・男性キャラの苦労人ぶりがこの作者らしい作品だなあ。いきなりたくさんキャラが出てきたけど,とりあえずマサキくんとヒナタちゃんに注目していこうと思う。
櫻太助「毛玉日和」
小豆をお風呂に入れました→傷だらけのもなかさん。猫だなあ。「お気に召しました?」も好き。
珠月まや「にゃんことカイザー」
カイザー幼女擬人化……!? 今月の作者は頭がおかしいw 「プラスα」のカイザーがタチ悪すぎる。オブラートにつつまないストレートな様が楽しいよね。単行本2巻が4月22日に発売。
湖西晶「ソーダ村のソーダさん」
この方のミステリ的展開はとても楽しいのだけれど,私みたいな鳥頭だと以前のストーリーを所々忘れていて,「だから単行本でまとめて読みたいんだよ」とか何とか思ったりした。これは一掲載分をまたがってストーリーが作られる4コマ作品全般に感じていることではありますが。今回は「ご神体」がそのふたつである意味が気になるなあ。作者によれば,連載は次々号までとのこと。
【ゲスト】こはら深尋「ぐり研」
「ついに最終回」とか残念すぎる……。ちまキュートなぐりの仕草や緑茶的要素が楽しい作品だった。ただ,残念だったのは,結果的に世界が緑茶と麦茶から広がらなかった点。紅茶にジャスミンティーにコーヒーにと,新キャラの登場を心待ちにしていたのに。モノ擬人化作品は,関連のあるモノたち(この作品の場合はお茶とか)が統一された世界観の元ににぎやかに擬人化される様が楽しいというのに……。と,今さら嘆いてもしょうがないので,次回作に期待。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2009年3月号

コミケ一迅社企業ブース販売物の誌上通販あり。ぱれっとは4コマスクールカレンダーを販売。

大分前の号から目次のページに近日刊行予定の単行本ラインナップが掲載されてたのね。3月発売予定はあにけん(2)・あねけん(1)・かえる・委員長(2)の4冊。2か月先の情報が分かるのは嬉しい。

第5回一迅社コミック大賞結果発表あり。ぱれっと部門は杜丘至「狭間のゆり」が佳作,弓塚みむら「へべれけ魔法使い・アルコ!」が奨励賞。両作者ともググってみても情報なし。そのうちにゲスト掲載とかされませんかね? 次回からこの賞は雑誌ごとに分かれるみたい。ところで第4回部門賞受賞のあさば★ひろむ氏の本格デビューマダー?

湖西晶「ソーダ村のソーダさん」
左右田神社炎上の日。つくづくミステリー的な作品だと思う。読者にストーリーの結末を思い浮かべさせることで,今のストーリーに引き込んでいる,とでも言うべきか。最後の一本は過去を変えちゃったってこと? 斎田の言葉とともに事件の真相が気になってくるねえ。
祥寺はるか「僕の彼女は同人腐女子」
腐女子たちのバレンタイン。チョコがもらえそうだと感じた時の安心感と言ったら。雅ちゃんの「乙女系」や最後のセリフは作者の罠なんだろうなあと思いつつまんまとハマって安心してしまうのでありました。
櫻太助「毛玉日和」
主に啓先生とリス子のキャッキャウフフ。若奥様的かつ小動物キャラなリス子にはニヤニヤせざるを得ない。こたつで後ろから抱き締め,浮気疑惑で匂い嗅ぎ,一緒の布団でおやすみと三点セットのシチュに大満足。
【ゲスト】こはら深尋「ぐり研」
10月号以来の登場。続・ダイエットぐり。痩せ太り泣き焦りとめまぐるしく違う姿を見せるぐりがキュート。扉絵のすまし顔も好き。でも「またどこかで逢えるわ」ってどういうことなの……。信じて待ってるから帰ってきて……!
よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。