スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムラブリー』2008年10月号

矢直ちなみ「乙姫各駅散歩」
笑い泣きの乙姫の涙にやられた男がここにもひとり。恋模様でなく「ママ」と「子供」の演出がこの作品において日常的よね。以前にママと子供が反対になったお話しがあった気がする。
【ゲスト】三好ハツミ「ふたりぐらし」
ハロウィンでカボチャ。4コマ目から次の1コマ目まで止まらず行く,というのは昨今のストーリー4コマでは当たり前かもしれないけど,この方は4コマ目でブレーキではなくくアクセルをかけてる,そんな印象。4コマ目でキャーキャーするのを「騒がしいかしましさ」とするなら,この方は「静かなかしましさ」かな。ラブリーに載り続けている理由はD1出身ってこと以外にもある気がする。ところで連載化マダー?
【D1連載(1/3)】多谷まき子「病は気のせい?」
ジャンボに続きラブリーでも。ラス前一本の誤解系ネタに惹かれた。これなら好きになれそう。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/978-01877dac

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。