スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがライフオリジナル』2008年10月号

碓井尻尾「店長の憂鬱」
店員でなく客と店長のトークが箸休めになってるなあ(あえてアクセントとは言わない)。ガキとおねーさん,どちらも客のキャラ性で一本勝負見せしてくれる。
小笠原朋子「おいしい日曜日♥」
美加さん実は高校生。このまま次号でフェードアウト……なんてことはないよね? 先生側からアプローチして元鞘(という表現は適切か分からんけど)に戻していくのかな。
山口舞子「カギっこ」
みっちゃんのお洋服の可愛さがこの作品の楽しみのひとつだと思うのだがどうか。お母さんは変態さんだと確信した。
施川ユウキ「12月生まれの少年」
一本目の「ダウンロード」という発想を現代っ子はするんだろうかとか思った。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/977-a6523fff

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。