スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがホーム』2008年10月号

まんがタイム7大誌 秋の4コマ祭り!開始。9・10月のタイム系列誌でオリジナルグッズなどが当たるプレゼント企画。「みそララ」マグカップが欲しいなあ。

豊田アキヒロ「てんたま。」
三人娘in銭湯。2.5頭身なキャラ達からは色気よりもコミカルさを感じるわけです。それを差し引いてもるーは色気のかけらも無い体だな!
【隔月連載】仙石寛子「十五夜に、お風呂」
仕事に疲れた女性,ウサギの風呂で月を眺めて。これまでとちょっと趣向が違うなあ。話のテーマはウサギの言葉に表れているので置いておくとして,それが「どう」描かれるか,というところが私の専らの興味。やっぱりウサギなんだろうなと。ファンタジーと怪しさと「ススキ」と。
【ゲスト】魚屋めめ「もっちもち♥」
猫ラブ+恋愛ショート。「ちま☆チェリ」の頃から,この方の女の子は少女チックで印象的だったんだけど,今回の主人公・杏子さんも例に漏れず。特に厚い唇が魅力的。ショートも(が?)いける方だと思ったのでまたショート作品が読みたい。
橘紫夕「となりのなにげさん」
姐さんキャラが登場したり校長先生がなにげにすごかったりで,にぎやかになってきた。
森島明子「お江戸とてシャン」
ついにおヒナが告白しちゃったよ! 虎吉の堂々たる態度が「粋」と言うんだろうか,とにかくカッコいい。男が惚れる男。
【ゲスト】ワカマツアツト「おおつぶこつぶ」
タイスペのゲストがホームに登場。大きくておっとりなおおつぶさん,小さくて元気なこつぶさん。どの辺にこの方らしさを感じたかと言えば「際限なく突っ走ってしまうよねあの白さ!」のセリフ。同じようなことをタイスペ7月号でも言った気がする。
ふかさくえみ「ちまさんちの小箱」
フリマで小物。お菓子アクセ作りのマリさん。お姉さんって感じなんだけどちょっと頼りないキャラ? とり子とへちょ顔で小物作り語りするひとコマが好き。多くのコマに動きを感じるのはマルラボの印象が強いだけじゃなくて,背景や効果線や花や星の使われ方なのかなと思った。
夢枕人しょー「ふぁみにゅ?」
「お母さん」が料理下手なので「通いネコ」と特訓しました。少しずつ若菜がお母さんっぽくなっていってるねえ。あときいろくんがみんなからあれこれされる姿はキュンと来るよね!

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/969-eacb2096

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。