スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイム』2008年9月号

重野なおき「たびびと」
記憶喪失の少女・モモが旅の仲間に加わって一路ルベリラ国へ。クライマックス章ながらまだまだ長い旅になりそう? グランベリーさんのフェードアウトは惜しいと思うのは私だけでしょうか。
【ゲスト】みなづき忍「黒猫本屋さん」
黒猫が「店長」さんの本屋さん。黒猫とぐーたら真面目な真の女性店長とバイトの女の子がメイン。キャラ見せがいいなあ。特にバイトの女の子の「はわわわ」キャラ。本屋4コマがあふれる4コマ誌の中でも目立った存在になりそう。8月23日にはアライブ連載の4コマ『総天然色乙女組(1)』が発売。買ってこよう。
宮原るり「みそララ」
棚橋さんの妹登場。ただし上の。いやいやそれ以上にその旦那さんですよ。インパクト強い変人さんの見せがこの作品の楽しいのひとつがと思うわけです。
【ゲスト】大川大「のの花」
「おおかわゆたか」と読む。作者サイトが見つけにくかったので貼っておきます。「花」がテーマのショートストーリ。コミティア的作品だなあと思ったら本当にコミティア作家だった。花と星をリンクさせる夢見がちな雰囲気が好きだなあ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/948-35d18add

コメント

#310: 管理人のみ閲覧できます

  • ()
  • 2008年08月15日
  • 06時44分
  • 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます

#311: Re: 芳文社『まんがタイム』2008年9月号

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2008年08月15日
  • 22時03分
  • 編集
コメントありがとうございます。対応しましたのでご確認ください。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。