スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本ミトヒ。『メガミのカゴ(1)』/まんがタイムKRコミックス/芳文社

松本ミトヒ。『メガミのカゴ(1)』表紙

芳文社『まんがタイムきららフォワード』連載。舞台は女子校。メガネ・真面目・オールマイティとどう見ても委員長キャラの友人・明美が委員長をやっていないのはおかしいと嘆くオタク少女・南。じゃあ本当に委員長にしちゃおうと生徒会長を巻き込んで作っちゃいました「乙女の鏡委員会」。悩みを花カゴの中に打ち明ければ委員長の明美さんが解決してくれるよ!

南を始め友人たちとともに,毎回異なる依頼者の悩みを解決していく中で,明美のオールマイティさを見せてくれる。世話好きでスポーツ得意で演劇もクールにこなす明美(歌はダメだけど)は,確かに委員長の肩書きにふさわしいキャラ。

でも私はここで,この巻の読みどころは南にある,と主張したい。いやもちろん二人や周囲の友人あってこそのキャラたちであり話であり作品であるんだけど,この巻での南は他のどのキャラにもましてエキサイティング。

南は決して明美を場を茶化すだけの存在ではない。それを確信させてくれるのが演劇部のシンデレラのお話。134ページからクライマックスまでの7ページは神がかり。王子様の南がシンデレラの明美を見染めるこのシーンでの南のアドリブは,オタクな南でなければできないと思わせるだけでなく,普段の姿からは想像しがたい「やるときゃやる姿」を存分に見せてくれる。最高の形で読者を裏切ってくれちゃって。

現在の連載は舞台の女子校が共学になるという流れ。私なんかは素敵な男の子と彼女たちのお話なんかも読みたかったりします。

おとなり感想

南のキャラに触れている感想を。

女生徒達のお悩み解決の過程も、各人のしっかりしたキャラ立てと、南が囃して明美がきれいにまとめるという息のあったやりとりのお陰で、短い尺でもメリハリ効いたエピソードに仕上げられており、隙のない話作りであることだなあ、と。

松本ミトヒ。『メガミのカゴ』1巻 - 枳棘庵漫画文庫

委員長の宮本さんをイジる役目を、彼女に萌えを求めるオタク少女・南ちゃんが担当。二人の意識のギャップを楽しむというか、まったく噛み合ないんじゃないかと思われる二人のやりとりが面白いです。(少し、こなたとつかさのやりとりと共通した感じか?)

漫画まみれラノベづくし ニワトリが先か卵が先か。役職が先か雰囲気が先か。松本ミトヒ。『メガミのカゴ (BASKET OF GOODESS)』第1巻

応援バナー

メガミのカゴ(1) 7.28 SALE

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/942-369942c5

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。