スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきららフォワード』2008年9月号

カザマアヤミ「なきむしステップ」
表紙+巻頭カラー=俺狂喜乱舞。多輝ちゃんとのなかよしステップ。菜々ちゃんに自信を与えてくれたのが多輝ちゃんだなんてにくいじゃないですか。「ウサギ」を泣き虫・怖がり・ステップと意味づけているところが詩的で好きだなあ。萌えポイントは黒ウサギコスの菜々ちゃん。三つ編みでウサギってことはミミコスさせても似合うんじゃない!? いや杉原くんと合わせてタイミミorタイミニもありかも!!
松本ミトヒ。「メガミのカゴ」
共学化と聞いてどんな素敵な男の子が登場するかと思ったら全然出てこないじゃないですかチクショウ! 今回はしぃ太に男の子の霊が乗り移ってさあ大変。しぃ太が満面の笑顔で「おねーさーん♥♥」のシーンが一番の見どころ。どうみても下心です本当に。これが小さくて可愛い男の子だったらと思うと……! 単行本1巻が現在発売中。
【新連載】里好「トランジスタティーセット~電気街路図~」
秋葉原の無線商店街でおじじの思い出の部品屋を営む少女・すず。店の目の前にメイド喫茶が開店することになったのだが,そこで彼女を迎えてくれたのは,幼いころにこの街での再開を約束した友人・みどり(メイド服姿)だった――という感じの話。ガード下らしき店の数々や「ホコテン」という言葉にノスタルジックな秋葉原を感じる。硬派だ。二人の友人は「古き良き」すずと「新しい」みどりという風に対置することができそうだけど,さてさて,どんな友情物語になるのか。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/938-a496307f

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。