スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースト・プレス『ハムスペ』2008年9月号

【新連載】まつやま登「ハム高生」
私がこの方を見るのは,今は亡き『COMICぎゅっと!』の「ぼなぺてぃ!」以来。人語を解するハムスターの学校にやってきた人間の先生の話。一言で言えばとっとこ的楽しさ。つまりは個々に模様と名前を持ったハムスターたちのハムスターキャラを眺める心地よさ。順応性高くてしかもキュートな先生も魅力的。今後も楽しみ。
【新連載】魔神ぐり子「漫画家と猫がまあまあ仲良く暮らすマンガ」
次号にも名前があるので新連載らしい。ワガママ猫と鬼飼い主=作者のドタバタ日常。牙剥き出しで「なんだこんな健康食!! しゃらくせえ!!」「食えって言ってんだ このメス猫が!!」と吐き出す作者に,この方のエッセイ漫画らしいなあと思う。真っ白原稿でダメ漫画家アピールも忘れない。というわけで猫よりも作者の面白さを読む漫画だと思いました。内村かなめ「羽毛100%」も同様に読んでます。
マユラ「お母さんは水の中」
おっさんひよこの過去。同人誌版にも同じエピソードがあってマジ泣きした覚えがあるんだけど,今回の話でそれが思い出されてじんわりくるわあ……。そしておっさんひよこの「ウソじゃあ~」の一言で世界を笑いの日常に戻してくれるところに救いがあると思うのです。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/934-a08f0467

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。