芳文社『まんがタイムラブリー』2008年7月号

柚月もなか「カフェらった!」
坊や襲来。誰かと思ったらライバル店の「花子」さんの息子でした。これで世界が広がるのかしら。
【D1連載(1/3)】迂名木きこり「天使らんまん!」
第11回D1のラブリー側勝者(ジャンボ側はろくさぶろう「三日月すぱいす」)。「女らしさの天使」さんが地味なメガネっ娘を幸せにする,という感じの話? 頭身が俺的には受け付けなかったりするんですが千里唱子氏とか神田うらら氏とかを見てるとラブリー的にはありなのかと思ったり。あとフンガー顔を見て俺は「天使」に幻想を抱きすぎていることが分かった。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/897-cbdf7063

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム