スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【NFK定例報告】『ちょこっとヒメ(4)』複数買い報告

NFK(日本複数買い協会) ,恒例の 散財 祭り ですよー。

……あれ? 実は私が一番報告遅かったりします?

『ちょこっとヒメ(4)』×5冊 (クリックで拡大) 『ちょこっとヒメ(4)』特典 (クリックで拡大)

カザマアヤミ『ちょこっとヒメ(4)』が発売されたということで今回も買ってきました。5冊

今回のフェア開催店は,とらのあなアニメイト,ゲーマーズ,ダイセイコー,そしてマグマニ。「ダイセイコー」は私は今回初めて聞いた書店なのですが,神奈川,埼玉,千葉に展開している書店だそうです。私が行ったのは戸塚店です。

特典は写真左上からこの順番。マグマニのブロマイドを除き,テーマは人間化。単行本2巻のカバー下のネタが再来です。当時は少女漫画風で切ないストーリーだったわけですが,今回はお邪魔も無く三組がなかよしラブラブしております。

『ちょこっとヒメ(4)』アニメイト特典[1] (クリックで拡大) 『ちょこっとヒメ(4)』アニメイト特典[2] (クリックで拡大)

どれくらいなかよしラブラブか兄ちゃんとヒメを例にすると「今晩一緒に寝よー兄ちゃん!!」「ひめをおよめさんにしてね」「ちかいのちゅー♥」ですよ! 何て積極的なヒメ! でも兄ちゃん「お前重いからなー」なんて言うなよこの乙女心分からずや! 惜しい人!

さてさて4巻には着せ替え写真会や,陽太としろこの馴れ初め(?)や,ガンガン本誌に掲載された番外編・土佐犬三姉妹などが収録されてるわけですが,それはそれで当然読むとして,忘れちゃいけないのがカバー下。今回は性別逆転編で,短パン(ここ重要)な「ヒメ」,子悪魔系の「陽」,”子供うみたいエロスなお姉さん”の千鳥などなどの姿が。

思い返せばこれまでに数々の妄想編がありました。1巻カバー裏と3巻では人獣逆転,2巻カバー裏と今回のフェアでは人間化,3巻カバー裏は相方交換,4巻のカバー裏は性別逆転。となれば残るネタは動物化ですね。颯子さんに真に貞操の危機が迫るわけですね。分かりますか? 分かりません!

いずれにしよ,この妄想の数々。ぱれっと作品の湖西晶「ソーダ(屋|村)のソーダさん」ばりに,同キャラで別設定の物語が作られてしまいそうな程に「強い」キャラたち。ソーダさんシリーズが個々の物語を,そしてキャラクターの生きざまを徹底的に描くのに対し,ヒメはそれが猫であれ人間であれ女の子であれ男の子であれ,それがひとつのヒメ,言わば「マスター」のヒメのキャラを強化しているように思えるわけですよ。

「動物のおしゃべり」と「ちょこっとヒメ」の接続はこれまでにも唱えられてきたけど,ソーダさんとヒメについても共通点と差異を見出すことで,擬人化とキャラ/キャラクターの関係の糸口がつかめそう。よっしゃこれ6月の同人誌で書いてみるか。

さて話を戻して。ちょこっとヒメで今熱い話題と言えば,6月25日に発売されるドラマCD

昨年秋のスクエニ4コマ×3フェア時の全プレドラマCDにもヒメのお話が収録されてました(内容はI'll be dis-ABSOLUTERさんを参照)が,声がついていたのはヒメ・しろこ・くっきーの三匹のみでした。

しかし今回は相方の人間の方々や颯子・千鳥ペアにも声がつき,さらにドラマCDオリジナルの猫キャラ・ソーニャも登場するとか。そんな,ほぼフルメンバーで,しかも新キャラとか,楽しみにしまくるしかないじゃないですか。

そして坂下兄妹が日野聡&釘宮理恵(=悠二&シャナ)(=才人&ルイズ)だなんて360度どこから見てもお似合いですよね! お墨付きですね! お前ら結婚しちゃえ!

……オチがつけられなくてすみません>< とりあえずドラマCDと5巻が楽しみです。このペースだと5巻は今年の秋あたりでしょうか。 4巻の帯に”5かんはことしのふゆごろだよ”とありました。MIYAさん,ご指摘ありがとうございました。

関連ページ

複数買い関連
ドラマCD関連

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/858-9acb6d8e

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。