スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきららフォワード』2008年6月号

牛木義隆「夢喰いメリー」
連載2回目。メリーは少女の名前でした。それはともかく,メリーは夢の世界の住人で,現実世界から夢の世界へ帰る方法を探していて,逆に化け物は夢の世界から現実世界に出たがっていて,今回は夢路を媒介にしたと。メリーに夢路を助ける気が(とりあえずは)ないっていう点ではドリームバスターとは違うか。セリフのむず痒さが気になるところではあるけど,さて,今後どんなオリジナリティを見せてくれるか。
【新連載】むつきつとむ「いきなり☆ネコキック」
朝起きたら昨日拾った仔猫が猫耳幼女になってました的な話。むつき氏がフォワードに登場するなんて! でも幼女はちんまいけど強気でもツインテでもないよ! むつき氏の作品って「過去を埋めるために生きる男女」が描かれることが多いけど,今作はどうなのかしら。扉の少女のセリフに加え,母らしき人が”花織さん”と名前で呼ばれてたり,最後の家族写真の中央がその花織さんっぽくなかったりと,伏線らしきものは示されているんですが。
松本ミトヒ。「メガミのカゴ。」
演劇部編後編。134ページ以降の展開が神懸かってる。王子様抱っこのクライマックスまで,南の真剣な,それでいて彼女らしい一面をもって見せてくれる。いつも猫口で茶化してるかと思ったら,決めるところでは決めてくれちゃって! 南株が急上昇ですよ。そう,まさに今回の話のように,個々が個々の特質を生かす姿ってのに私は弱いんです。
松本氏は5月5日のCOMITIA84では,「メガミのカゴ。」番外編同人誌『メガミのホーカゴ』を予定されている模様。これは手に入れねば。
三嶋くるみ「ろりーた絶対王政」
りりが「好き」に目覚めた表情,これに尽きる。2月号の”お人形…”と4月号の”心がね ふわってして きゅんてなって――”をここで繋げてくるか! 真っ赤な顔,虚ろな目,高鳴る鼓動,これに魅了されない男子がどこにいようか! 胸キュンしない男子がいようか!

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/853-dd8ac9be

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。