スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2008年5月号

先月号。4月号読み飛ばしてるけどいくよー。

湖西晶「ソーダ村のソーダさん。」
連載3回目。”死んじゃうんだ”から重てええええええ。彼女たちの死の運命を知っているのは古浦さんだけ。古浦さんが今後それにどう向き合っていくのか――立ち向かうのか見てるだけなのか,はたまた別のスタンスか――ってのが楽しみで仕方ない。
内村かなめ「もっと!委員長」
みんなでカラオケボックス。4月号で何があったんだ。そういえばちよさんは音痴設定でした。本性と想いをひた隠しにすれ違い続ける女の子たちの気持ち。ちよ・ゆか・くまの三角関係がかしましく楽しい一話。
シルエットさくら「みなみのしまのはなむこさん」
5号の壁を超えました。やりましたね。ウルルが大食いキャラだったなんて。いい話で誘導しつつ,ラス前一本の”誰が吹き込んだんだ”で元に戻す。この作品に限った話じゃないけど,私はこういう構成が好きです。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/848-a2b66e2c

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。