スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがホーム』2008年4月号

うん,分かってるんだ。5月号を読む前にこちらを読んでおくべきだったってことは……。

【隔月連載】仙石寛子「お嫁に行っても」
オムニバス隔月連載。桜舞う女学校の卒業式。お嫁に行ってしまう友人に,私は寂しいけど「おめでとう」と声をかける。その友人から返ってきた言葉は――。この方らしいコマの一種に,5本目の2コマ目のように,無言キャラの目を見せる間のコマがあるんだけど,今回のツボは9本目の2・3コマ目かなあと。寂しさの反撃を受けた私の感情ぐるぐるがこれらのコマに詰まってると思うわけです。こういった間の使い方はもっと意識されていい。
【新連載】ふかさくえみ「ちまさんの小箱」
12月号のゲスト掲載を経て。雑貨屋・ちまさんちに集う雑貨好きの少女・とり子と,幼なじみのライバル少年・雪宮。鳴いたり人語を解したりと,ちまさんの作る不思議な雑貨に囲まれた日常ファンタジー。ゲスト時の方がインパクトあったかな,という感じのキャラ見せな一話。これからにぎやかになって欲しい。あとムイムイとか売ってくれませんか? 無理ですかそうですか。
ふかさく氏は先日,携帯コミックサイト「ワンダーコミック」でも「よもぎ町パンタグラフ」の連載を開始。こちらは現代SFコメディ。ワンコミではケータイまんがタウンも配信されているので,ケータウ読者はワンコミに乗り換えるのもありかと。
【ゲスト】水知せり「ひより。」
2月号から再登場。父は塀の中,母は家出中,それでも前向きな女の子・ひより。どんなにズレた娘でも笑顔でオールOK。家族の無事をダシに悲壮感を出すことができたはずの最後の一本まで,徹底してポジティブな一面を見せようとしてる。この分かりやすさは,つかみの段階では超大事だよなあと思った。
【二本立て】宮原るり「恋愛ラボ」「おはなしあやちゃん」
後者は目次ページから飛び出して登場。作者の姪・あやちゃんのおませな日常。ダボ袖とか分かってらっしゃる! はしゃぐ間に見せる冷静な表情や,憧れのお兄ちゃんの盗撮(?)写真を見てると「将来が末恐ろしいぜ……!」と思ってしまう。あやちゃん良いキャラしてるわー。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/846-cc826130

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。