スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがホーム』2008年3月号

神堂あらし「もののふことはじめ」
今と昔の言葉や風習の差ですれ違う女性キャラたちと仙が面白いと思うわけです。言葉遊び的にもキャラ的にも。でもそれ以上に,「学天の嵐」や「すもも★あんみつ」と違い,キャラ関係を固定してしまうほど力の強いキャラがいなくても作品が回ってきてるところがでわくわくする。
【ゲスト】橘紫夕「となりのなにげさん」
タイム12月号タイオリ2月号に続き。一本一本のネタは違えど,3コマ目で読者をちょっとびっくりさせて,4コマ目でさりげなくなにげさんを見せる,という一貫したテンポが安心する。そういえば今まで書いてこなかったけど,シンプルで太い線のキャラ絵は頭に入って来やすいなとも思う。次回はタイム4月号に掲載
【新人】大平弓「図書室の番人」
Y-1グランプリ9月期に奨励賞を受賞されている方。竹の次は芳に登場ですか。話は学校司書さんと図書委員さんの日常もの。最後の一本,司書さんの手見せ(によるキャラ見せ)が分かりにくいのが惜しいなと思ったけど,真面目な委員とちょいダメな司書さんという凸凹関係は楽しそう。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/815-2c10ed8a

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。