スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重野なおき「Good Morningティーチャー」6巻

重野なおき「Good Morningティーチャー」6巻

ゆいゆい「こんな事言うと笑われるかもしれないけどよ… 好きなんだ!!」

綾「……… じ 実は私も好き…だよ」 ゆいゆい「え…」

綾「私だけかと思ってたのに…」 ゆいゆい「なんだよ…オレももっと早く打ちあければよかったぜ」

綾「おでんの具で昆布巻きが一番好きだなんて…」 ゆいゆい「本当 オレだけかと思ったぜ」

(重野なおき「Good Morningティーチャー」6巻 p.94 「つながる二人」より)

『まんがライフ』と『まんがくらぶオリジナル』で連載中の4コマ漫画。熱血社会科教師・東進太郎と、彼の学校の先生や生徒を描いた作品。単行本6巻のゲストはいでえいじ氏と浜口乃理子氏。

6巻でも相変わらずの面白さ。これだけ作品が続いているにもかかわらず、そして重野氏はこの作品を含め8誌6作品の連載を抱えているにもかかわらず、ネタが尽きる気配が見えない。いったい重野氏はどうやってネタをひねり出しているんだろう…。凄い。

個人的な6巻の見どころは、くっつきそうでなかなかくっつかないゆいゆいと綾。上で引用した話はギャグになっているけど、学園祭で二人が主役を演じるシンデレラの話も青春劇で面白い。おせっかいキューピット・上原の成果が実を結ぶのはいつの日か?

ドラマCD化が決定したらしく、発売は来年の春予定。次々と出る竹書房の人気作品のドラマCD。次はどの作品か。今後も注目。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/81-9fe52197

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。