スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2008年3月号

【新連載】湖西晶「ソーダ村のソーダさん。」
前作「ソーダ屋のソーダさん。」と登場キャラを同じくするも,舞台設定などが異なる新作。大火に消えた北海道・左右田村の神社とその関係者。村がダムに沈んだ今なお事件の真実を追い続けるジャーナリストがいた。しかし彼女はかつての村で不慮の事故に遭ってしまう。目が覚めたときに目の前にいたのは死んだはずの人,消えたはずの村だった――。前作といい今作といい,きららの「かみさまのいうとおり!」といい,最近の湖氏の作品にはミステリ的な要素として「謎と死」が見え隠れしている。前作の結末は「奇跡」だったわけですが,今作ではどうなるか。楽しみ。
【新連載】きむる「猫だましっ」
兄妹家庭の10歳と5歳。妹が拾ってきた「猫」の中から,気ぐるみを脱いで猫娘が現れて――。記憶喪失だったり眼帯してたり魔法少女っぽかったりするこの猫娘。兄妹とどう絡めて見せてくれるか。
【ゲスト】海月れおな「なじみキッズ」
デイリー4コマでも活躍する海月氏の第3回一迅社コミック大賞ぱれっと部門入選作品。SM的な幼なじみ同士の女の子……でいいのかな? デイリー4コマの「羊っ娘メリーさん」に似たテンポの作品。あちらが見た目に特徴があるキャラなのに対し,こちらは普通の女の子ばかりでインパクトが少ないかなあ。パワーバランスもS側に偏り気味だし。あとキャラ見せが4コマ目でなく3コマ目に来てるのがもったいないと思いました。絵は絶対生かせられると思うのですが。
この他,ぱれっと部門では関口みぃる,ちょぼらうにょぽみ両氏が佳作を,みづしま亜留,月見じゅん,井上瑞穂の三氏が奨励賞を受賞。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/807-cd3ae341

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。