スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『コミックエール!』VOL.4

秋★枝「純真ミラクル100%」
表紙&巻頭カラー。ライバルアイドル・オクソン登場。一緒の楽屋でトゲのある言葉を次々と投げかけるオクソン。しかしモクソンにはその天然&能天気さでことごとくかわさてしまう。このやりとりを通じて二人が近づいていくわけだけど,それを一話の中でテンポ良くきっちり見せてくれるのがうまいなあと思った。
【新連載】黒渕かしこ「ポジティブスター★ポジティブスタイル」
幼い日に夢への約束を交わした幼なじみを追って上京した,ちょっぴりネガティブな少女。彼女は”友達作りのため”,入学する美術学校に一足早く訪れていた。目当ては”不思議なチカラを持ってる”人を募集しているサークルで――。何が不思議かってこの娘,くしゃみをすると頭にキノコが生えてしまう特異体質。「突飛な設定」? 慣れっこなもんでしょ? 今回は有効活用されなかったこの設定が次回以降でどう使われるか。
【最終回】仙石寛子「背伸びして情熱」
先生からも好きだと言われて,でもまだ二人には距離が残っていて,でもとりあえずはほっと一息、という雰囲気。途中まで息を詰めて最後に吐かせる感じ。今回でこの作品は終了。何回も言ってるかもしれないけど,描線とストーリーのダブル儚さはもっと意識されていいと思う。次号から新作開始。
【ゲスト】たむら純子「ひかりコンフュージョン」
二次元オタクな女の子・ひかりが三次元で男の人に助けられて恋に落ちる。彼にまた会いたいと探すも今日は適わず。明日があると家に帰った彼女。迎えてくれたのは兄のお客さんで美人な女の人だった――。オタク少女恋愛ものと思っていたのに,最後の5ページくらいで唐突に「ひとつの体にふたつの心」ものになるなんて! 三角関係の特殊形。でも,作者自身もそう言ってるけど,一話でやる内容じゃない詰め込みっぷりだよなあ。二話にでも分けてじっくり読みたかった。
【ゲスト】豊田アキヒロ「りばぁす!」
4コマ。クール&おバカな女子風紀委員コンビ。おバカっ娘の暴走を楽しむ作品だと思うし,その意味では豊田氏らしい作品か。
【ゲスト】小川ひだり「前略 かしこ」
時は大正,舞台は女学校。学生の間で手紙のやりとりが流行る最中,憧れの先輩に手紙を送りたいと,おてんば女学生がメガネで真面目な先輩に相談を持ちかける――。大正浪漫ってだけで三割増しな俺にこんな作品が突きつけられちゃった日にはもう。女学生たちがキャッキャイチャイチャする百合ものなんだけど,特筆すべきは女の子の肉感。肌の露出は少ないけど服のラインがとても色っぽく描かれていて濃厚な雰囲気。そしておてんば女学生の恋に恋する姿が,くりっとした目で幼さブーストされて可愛らしく描かれる。いいねえ。別の作品も読んでみたい。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/798-cca597bf

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。