スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがライフMOMO』2008年2月号

【新連載】藤凪かおる「こはるび保育園」
12月号のゲストを経て新連載。子供嫌いな地上げ屋の兄ちゃんが何故か保育士に!? おっとり女保育士に毒気を抜かれ,園児にはきりきりまいな兄ちゃん。藤凪氏らしい家庭的な雰囲気を持つ手堅い作品という印象。
佐野妙「森田さんは無口」
両親が冷戦に突入した森田さん。お父さん側について見守って,最後は仲直り。佐野氏の作品に登場する男性キャラはいつも強い女性キャラに振り回される姿が滑稽なんだけど,彼は初めて真っ当なキャラクターを見せてくれた。その意味で新鮮。
小坂俊史「わびれもの」
先月号から連載のさびれプレイスショートエッセイ。今回は無人駅。自身の日記でも電車旅行記をつづる小坂氏の趣味が全開。最後の1ページ,夜の駅に孤独感を揺さぶられる。カラスヤサトシ「おのぼり物語」と似た何か。
【新連載】アラタ薫「みやつば!」
11月号のゲストを経て新連載。仲良し女子高生,ちんまくて元気なミヤちゃんと大きくてクールな翼さん。コミカルな絵はミヤちゃんの元気キャラにぴったりだよね。ラス前の唐突なラブ宣言(?)の勢いには吹かざるを得ない。最近の俺は年の差身長差女の子同士ものが好きすぎるので是非長く続けばいいと思った。
【ゲスト】魔神ぐり子「おそうじ天国」
こちらも11月号以来の再登場。毒舌女性清掃員ズ。最初の一本,おばさんのイヤミに毒で返す若き清掃員・ななちゃんが強力なキャラ。それでいて片付けに失敗して焦ったり,おばちゃんズの尻発言にあきれたりと,高田さんとのバランスも上手いなあと思う。続けて読みたい。
【最終回】小笠原朋子「Hiスクラップ!!」
北欧の地に旅立つ麻生君。成瀬くんから”好き”といわれて,麻生君も”好き”と伝えて。どこか吹っ切れた麻生君の表情には,彼のストイックさが現れていて,今回最大の見せ場。その決意も最後の一本であっけなく崩れるんですけどね! この滑稽さこそ麻生君の持ち味だし,今作のラブコメを駆動してきた主要素だと思った。いい作品でした。単行本は1月26日に発売。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/792-92a8beaf

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。