スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきららキャラット』2008年2月号

表紙より,アニメ「ひだまりスケッチ×365」は2008年夏放送開始予定とのこと。

【新連載】大沖「はるみねーしょん」
同人的にはあたいの人なんでしょうか。8月号・10月号のゲスト掲載を経て新連載。空が飛べて宇宙人な女子高生・はるみの日常。人をおちょくった表情のはるみだけど,会話からもそんなキャラが伺える。ただ,今回ようにダジャレをベースにしたシュールな言葉遊びだと,オチがある程度読めてしまうこともあってインパクトは小さい。読み切りの時のように,ガムと宇宙の無限とがリンクするような狂ったキャラも見たいなあ。
荒井チェリー「ハッピーとれいるず!」
ネクラメガネの鳩ちゃんが大変身。これがメガネキャラの神秘か……。確か先月号は,会長が同性のストーカーにつきまとわれてるという話だったと思ったんだけど,結局便利屋の出番は無くて終了。解決パートをちゃんと見たかったんだけど,便利屋メンバー以外のキャラにメイン視点が移ることはないのかしら。
【ゲスト】仁清あきら「リタラちゅーれ」
高校に入学した幼なじみの少年少女が文芸部に入ることになって,という話。タイトルはliteratureから来てるのね。文学少女,単純少年,腐ったお嬢様,毒舌部長の4人で回る初回。前作「タヌコすとらぐる」と比べて分かりやすいつかみ。部長のキャラが特に強調されてたけど,再登場するならもっと文学少女の動きを見たい。初回を見る限りはストイックなイメージなんだけど。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/790-84e44117

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。