芳文社『まんがタイムきららキャラット』2008年1月号

既に超ひだまつりにて同様の告知があったが,巻頭にてひだまりスケッチアニメ第二期ひだまりスケッチ×365の告知あり。詳しい内容はダ・ニッキさんを参照。

【新連載】都桜和「うらバン!~浦和泉高等学校吹奏楽部~」
8~10月号の短期連載を経て新連載。部員がたった3人の吹奏楽部,しかも1年生の2人は未経験者で――。いきなり演奏会を控えた3人。真面目に練習しようぜ! と思いつつ,とりあえずチューバ持ちのちんまいゆみちゃんと時々猫耳な部長を愛でておいた。……あれ? おバカなハルちゃんは? ともかく,やっぱり音楽的ディテールはもうちょっと欲しいなと思ったり。その意味で演奏会には期待。
【ゲスト】濵津宗聡「ジャーノ☆ROADはヘヴィ!」
まんがタイムきららWeb連載作品が登場。作者名の上は「はまつ」だそうだけど,下は「むねさと」?むねあき」とのこと。双子の蛇野兄妹の日常。いきなり京都・奈良へ修学旅行。キャラ紹介もおざなりに進む話にちょっと置いてきぼり。きららWebの連載を読んでることが前提? でも俺みたいな鳥頭が設定を覚えてるわけがねえ。あと無粋だけど京都にとらのあなはないんだぜ! ないんだぜ……!
【ゲスト】カヅホ「キルミーベイベー」
殺し屋の女の子の話。殺し屋らしく背後やおもちゃの銃に過剰反応したり,でもやっぱり女の子なのでGが怖かったり。そんなキャラを4コマ目で見せてギャグをやっているという意味で見せ方が上手いと思う。太い線と簡潔な情報量の各コマも読みやすくてしっくりくる。最近の新登場作品はおおよそこの「太く簡潔」な傾向があるように思うんだけど,これはキャラット看板作品の反動と見てもいいのかな。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/767-85bceb20

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム