スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2008年1月号

【最終回】湖西晶「ソーダ屋のソーダさん。」
……えーと,なつめは実は寝たきりで,今までのなつめは幽体離脱的な存在で,なつめが復活した代わりに沙和さんがピンチになって,その沙和さんにも幽体離脱的なことが起こったってことでFA? くそう前号が埋もれてて見つからない。ストーリーは単行本で読み直すことにしようか。単行本では真の最終回も描き下ろされるようだし。
シルエットさくら「みなみのしまのはなむこさん」
前号からの連載作品。今回は隣村のタカビーな姫さまが登場。ひとまずこの三人くらいがキャラ量的にちょうどいいかも。そしてメガネを外したらかっこよかったムコさま。何というモテ期。
【ゲスト】永緒ウカ「みつきにっき。」
10月号以来の再登場。姫をめぐって百合三角関係な展開に? いや俺的にはネオロマ展開でもOKよ! そろそろ連載にならないかなあ。

12月22日には4作品1月22日にも2作品の単行本化を控えたぱれっと。単行本の動向にも注目したい。個人的おすすめは12月22日,内村かなめ『もっと!委員長(1)』。女の子同士のイチャイチャとSM設定の親和性の高さはガチ。バナーも貼ってみた↓(一迅社告知ページへジャンプ)

もっと!委員長 一迅社から12月22日発売

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/761-c11125ad

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。