スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイム』2007年12月号

かがみふみを「アシスタント!」
ローリンすっしー」の番外編が始まって忙しいおぐらまほ先生と,居場所がなくなった有希ちゃんと。ダメだ見てられない助けに行ってあげてー。つか巻子さん自重。いやきっと次回は大団円になってくれると期待するよ……! そしてすっしー第2話ではライバルのロールちゃんが登場するみたい。
【ゲスト】橘紫夕「となりのなにげさん」
日常で困った時に現れては助けてくれる,彼女の名前はなにげさん。スカートに炊飯器にたまねぎマスクにと,何でも持ってるなにげさん。「四次元っ娘」って呼んでもいいですか? 3コマ目でオチ確定,4コマ目へ予定調和的に流れるゆるやかさと言ったら。一番好きなのは紅茶の砂糖3コ・ミルク1コの一本。人をよく観察してるなにげさんが浮かんじゃったじゃないか。嫁にしたい。また読みたい。
東屋めめ「すいーとるーむ?」
カニ鍋,なんだけど,私はむしろ前半のお仕事パートの方が好き。したたかで計算高い女性たちが生き生きと動いてるから。特に美好さんは怒らせると陰でいろいろされそうで怖いぜ……。単行本1巻が年明け1月8日に発売。期待。
【ゲスト】佐野妙「Smileすいーつ」
こちらもカニ鍋。中津くんが姉妹の家にお呼ばれになって,姉妹の仲良さを見せつけられて,彼は一人蚊帳の外。「森田さんは無口」でもそうだけど,この女の子の世界には男の子は入り込めない,ってのを,男キャラを通じて見せつけてくれる。
宮原るり「みそララ」
穀物トリオのひらめきとその後の疾走感にわくわくさせられた。煮詰まった果てにふと道筋が見えるとやってくる気持ちの高ぶりと同じ感覚。くっそー面白いなあ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/749-353e9afc

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。