スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムジャンボ』2007年10月号

田川ちょこ「ひかるファンファーレ」
学園祭。待望のイベントですよ。当日のワクワク→緊張→本番→祭りの後の流れが楽しくて心地いい。演奏シーンはもっと読みたかった気もするけど,ハプニングとかを使わないと難しいのかな。あと,キャラを見せるためのエフェクトの描き込みがすごい。看板作品になれるポテンシャルを秘めてる作品だと思う。音楽4コマ期待の星。
【ゲスト】かわぐちけい「ふかふか」
D1連載を経てゲストで再登場。16歳の「おばさん」と3歳の甥っ子。ああ,やっぱり線が柔らかい。タイトルは伊達じゃない。ひろくんの無垢な瞳にスナイプされそう。年上女子と年下男子っていい関係だなあと思う。好きだなあ。
【ゲスト】津嶋やすひろ「放課後必修倶楽部」
先月号から再登場。映研の大学生たちの日常。映画ネタと大学ネタを高密度かつ読みやすく詰め込んである印象。これは本当に実力派だ。期待しちゃう。
かたぎりあつこ「ハッピーカムカム」
最近になって波長が合ってきた。かしまし女子ニケーションと乙女ちっくの合わせ技? 単行本が出たらまとめて読みたい。むしろ出して下さい。
【D1連載(1/3)】みつとめ里美「局アナ深浦凛子」
第8回D1読選グランプリのジャンボ側優勝作品。看板アナウンサー・凛子さんのお仕事ぶり。やはり基軸はアナウンサーらしいおかしみ。あとは凛子さんの弱点も見てみたいなあ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/702-d1ada963

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。