スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今一番「つまらない」4コマ誌は『まんがタウン』である

ただし「変化がない」という意味で。

自分にとってのNo.1 4コマ漫画雑誌はまんがタウンだと思います。

実力のある4コマ作家は大概複数の連載を同時に抱えているからファミリー向けの4コマ誌は差別化しにくい分野だと思うけど、まんがタウンには何といってもクレヨンしんちゃんがありますからね。

漫画は1日3~4時間 - 誰だ肝尾多面はてなキーワードに加えた人

nadegataさんはこう言っているが,私が持っている考えはむしろ逆で,まんがタウン』はワースト1の4コマ誌だと思っている。繰り返すが「変化がなくてつまらない」という意味において,である。

確かにタウンの「質は高い」。それは疑いようがない。何と言っても双葉社の二大キラーコンテンツである「クレヨンしんちゃん」と「かりあげクン」がある。人気作家の小池田マヤもいる。さらに,たかの宗美,胡桃ちの,師走冬子,後藤羽矢子,吉田美紀子,重野なおき……といった,4コマ誌ではおなじみの顔ぶれを網羅しており,実に幅広い読者に受け入れられるであろう誌面となっている。

だが,それゆえに「つまらない」。連載作家がほぼ完全に固定されていて,おなじみの顔ぶればかりで,布陣が磐石過ぎて,変化がないのだ。タウンの掲載情報を見ても,「ゲスト」の文字が少ないことが分かる。これが他の4コマ誌なら,毎号最低でも二・三名はゲスト作家がいるものである。

昨年7月に『まんがタウンオリジナル』が休刊し,現在の双葉社の4コマ誌はタウン一誌になってしまったため,新しい作家を起用するという冒険がしにくいのかもしれない。当時のタウオリは素晴らしい雑誌であった。私が最も好きな4コマ誌だった。新旧入り乱れた作家がごった煮的に掲載されていて,変化を期待させるワクワク感にあふれていた。

さらに今思えば,タウンで,あるいはタウオリでもできないことをする実験場が『もえよん』だったのかもしれない。雑誌こそ休刊したものの,「ぽてまよ」「男爵校長」「カニメガ大接戦!」「ふるーつメイド」などの作品を掘り起こしたことは評価されるべきだろう。今更になってしまうが,もえよんはもっと「良い」冒険をしているところが見たかった。お抱えのアンソロ4コマ作家がもっと登場するところが見たかった。当時はその名前を知らなかったが,『メンズヤング』に「カエル王子」を連載していたはずの逸架ぱずるの作品も読みたかった。

話がそれた。タウンの話題に戻ろう。

さて,そんな変化がないタウンに私が期待するのは「フレッシュまんが大募集!!」である。つまるところ新人投稿である。この点は4コマ好き書店員のdominoさん同じ指摘をしている。漫画新人賞がタウンに用意されていない以上,ここに期待するしかない,と言うべきかもしれないが。

良い作品はそれとして提供し続けて欲しいとは思うが,ガチガチの誌面の雑誌にはワクワクできない。遊びのある,新人も活躍できるような,そんな贅沢な雑誌。『まんがタウン』だからこそ,そんな変化を期待したい。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/700-50528305

コメント

#232: Re: 今一番「つまらない」4コマ誌は『まんがタウン』である

  • ナデガタ
  • (URL)
  • 2007年09月07日
  • 10時39分
  • 編集
立ち読みとして済ませている身としては、読んでいる数作品が面白いからいい雑誌という印象がありました。定期購読している人にとっては変化の無さが不満っていう視点は自分には無く興味深かったです。これからは普段読まない若手作家にも注目してみようと思います。

#233: Re: 今一番「つまらない」4コマ誌は『まんがタウン』である

ふたたびコメントになります。
興味深い記事だったので
この記事の事を私の視点で記事にして紹介
しました。
記事のURLはこちらになります。
http://4koma.seesaa.net/article/54368123.html
もし指摘、問題等がありましたら
コメント等でお気軽に連絡願います。

P.S.
前回のコメントの返事ですが
サイダースファンクラブ、忘れていましたか
すいーとポテトさんでも抜ける事があるとは
意図的に比較的新しい連載の物に絞って
取り上げていたと思っていたので
コメントが役立って何よりです。

#234: Re: 今一番「つまらない」4コマ誌は『まんがタウン』である

コメント書くのは初めてですね。
いつもお世話になっております。
4研主宰・たっちーです。

今回の話題となっている「タウン」ですけど、
まぁ、この夏に出した7号でもコメントしてますが、
すいーとポテトさんのいうことがもっとも私の意見
に近いですね。

なんでしょうか。プロ野球で言う「中日ドラゴンズ」
のような位置づけですかね。
安定して強いんだけど、人気がいまいちないし、
目新しい戦力が出てこない。


私としては、一番に期待するのは「新雑誌」。
中堅どころをメインにすえた、新しい力の発掘、
冒険ができる雑誌が創刊されるとうれしいです。
が、いまの双葉社ではこれは難しいかも。
これを積極的に行っている芳文社が一人勝ちな状態は
しばらく続くと思っています。

あと、「ぱれっと」にも期待してます。
かなりよくなってきてますからね。
ここに秋★枝さんが入ってきたら・・・キャラット以上に
好きになるかも。

#235: Re: 今一番「つまらない」4コマ誌は『まんがタウン』である

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2007年09月10日
  • 01時16分
  • 編集
みなさんコメントありがとうございます。お一人ずつお返事したいと思います。

>ナデガタさん
是非注目してみて下さい。それは雑誌を楽しむもうひとつの,しかし刺激的な読み方だと思いますので。

>Noaさん
いつも言及ありがとうございます。確かに,クレしんがあるうちは,タウオリのように表紙がころころ変わることはないでしょうね。

スクエニの4コマ誌はそろそろ来るんじゃないかと根拠も無く思ってます。ゲームアンソロ作家を多く抱えてますし,ガンガン本誌やパワードでは4コマ企画を行って新人発掘・外部からの作家の登用の両方に力を入れているようですし。

サイダースについてはできるだけ早く,今月のきららに掲載された新しい音楽4コマとともに,該当記事に追加したいと思っています。

>たっちーさん
コメント欄では始めまして。諸事情ありまして手元には「起承転結」がなく,たっちーさんの意見を確認することができず申し訳ありません……。

Noaさんも指摘されてますし,別の方からリンクして頂いた記事:

 空気を読まない中杜カズサ - 漫画雑誌における大いなるマンネリとそのジレンマ
 http://d.hatena.ne.jp/nakakzs/20070908/1189255660

でも言及があったんですが,確かに双葉社には新雑誌に期待したいですね。タウオリやもえよんが中の人にどれだけ影を落としているかが気になるところではありますが,やはり竹芳双の三勢力で争うことでいい作品も生まれるでしょうし。

ぱれっとは私も期待してます。このブログでもそれを主張したくて毎回ポジティブ言及しっぱなしです。連載作品は安定してきましたし,ピンポイントで登場するゲスト作家も高い確率でいい作品ですからね。私なんかは可愛いキャラ好きなので,百合姫から南方純氏が来ないかなあと思ってたりします。

#236: Re: 今一番「つまらない」4コマ誌は『まんがタウン』である

  • さるたに
  • (URL)
  • 2007年09月11日
  • 05時19分
  • 編集
初めまして。さるたにと申します。

「『まんがタウン』は変化がない点がつまらない」という意見には概ね同意ですが、双葉社が漫画雑誌に関して苦戦していたことを考えると仕方がない点もあると思います。
4コマ誌以外にも『漫画アクション』も一時期休載していましたし、2年保たせるのがやっとだった『スーパーロボットマガジン』なんてのもありました。
こうした事情を考えれば、会社としては安定第一の方針をとるのも無理はないように思えます。

それに「高品質ながら変化の少ない地味な誌面」も、それはそれで個性だと思うのですけど。

#237: Re: 今一番「つまらない」4コマ誌は『まんがタウン』である

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2007年09月14日
  • 01時29分
  • 編集
さるたにさん,コメント&ブログでの言及,ありがとうございます。

 さるたに秘密メモ: まんがタウン10月号 雑感あれこれ
 http://sarutani-secret-memo.blog.ocn.ne.jp/blog/2007/09/10_725e.html

他の雑誌の苦戦ですか……。なるほど,冒険したくても冒険できない,と。会社自身の状況を加味すれば,タウンの安定志向も仕方がないというのは,確かに納得できます。別の視点からの言及,ありがとうございます。

私は個性の話をしたつもりはなかったのですが……。紛らわしい文章でしたらすいません。タウンは十分個性的だと思います。今は芳文社誌において新人大量投入の動きなどの変化が目立っているので,逆に高品質・安定志向のタウンの個性はいっそう際立って見えるように思います。

#240: Re: 今一番「つまらない」4コマ誌は『まんがくらぶ』である

初めまして。
「まんがくらぶ」を中心に竹書房4コマ誌のブログを運営している大西と申します。
私個人としては、まだ「まんがタウン」には華があるように思いますし、旧来の4コマ誌のフォーマットを踏襲しているように感じます。
やっぱり華も内容も無くなってしまった「まんがくらぶ」の無残さが気になります。

#407: Re: 今一番「つまらない」4コマ誌は『まんがタウン』である

  • ななみ
  • (URL)
  • 2009年09月17日
  • 23時09分
  • 編集
カラスヤサトシやこうの史代みたいな
傑作はでてこないですよね
三振かホームランかみたいな醍醐味には欠けます
これが4コマ誌の自由度高くていいとこだと
思うんですが
安定感はあるますが。

しかし4コマって原稿料安いんでしょうね
連載終わると漫画家のその後の生活が心配に
なります
ほとんどの人はそんな画力もあって才能豊かな
人と思えんし(失礼?)

でもまんがタウン好きです
あんまり頭使わなくていいし現実忘れて
癒される あまり毒もないし
他の青年誌読んでると疲れたり不愉快に
なること多々あります

#408: Re: 今一番「つまらない」4コマ誌は『まんがタウン』である

  • よしもと新太
  • (URL)
  • 2009年09月21日
  • 00時23分
  • 編集
つまらない、というのは、安定しすぎていてつまらないというご意見ですね。それならばわかります。

さて、昨今のニュースでもご存知かと思いますが、「クレヨンしんちゃん」の臼井儀人先生が
不慮の事故と思われる形で急逝されました。
ご冥福をお祈りするとともに、今後のまんがタウンの展開についてどうなるのだろうか、という点においても
気になるところです。
確かに他誌でメインを張っている実力派作家もいるにはいるのですが、なにより先代のエースが
比較対象にならない程大きすぎた存在だけに、後継者とするにはあまりに「酷」だからです。
これといった超ヒット作のない普通の4コマ誌で看板を張るのとは、訳が違いますからね。

一番大事なのは、部数を落とさないためにも、中堅・若手作家の奮起そして「冒険」が必要だと思います。
今まで揺ぎ無い看板があったからこその安定だったのかもしれないのですから。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。