芳文社『まんがタイムきららフォワード』2007年10月号

今月号から独立創刊。

岬下部せすな「S線上のテナ」
表紙&巻頭カラー。先日にはフォワード作品初の単行本も発売された。まんがタイムきららWebには今作の特設ページが用意されており,ストーリー紹介や第1・2話試し読みなどのコンテンツが用意されている。そういえばこの作品も音楽がテーマだ。4コマだけでなくストーリーでも,芳文社は音楽作品をプッシュ中?
【ゲスト】里好「うぃずりず」
きらら本誌連載の4コマ作品がストーリーで登場。夏の臨海学校でリズっちが男子に告白される!? という話。詰め込まれたネームもストーリーで読むと違和感がないなあ。お風呂に消灯後の恋バナにキャンプファイヤーにと,定番のあれやこれやを詰め込んで,男子も交えてこれぞ臨海学校という一話。男女とも生き生きした姿がいいなあ。お風呂ではリズっちがギリギリ。そしてまさかのBLオチ。
【ゲスト】大富寺航「あるころじっく」
作者は「おおふじわたる」。考古学者の両親から姉妹に届いた荷物。中から現れたのは元・地味な助手だったという金髪の美少女。話を聞くに,両親が新発見した遺跡によってみんな金髪ダンディ&ビューティーになっちゃったらしい,という感じの話。ゲスト作品というよりは新連載作品の顔見せ第1話という印象。つまり読みきりとして読む分には締まりが悪い。これは再登場すると見ていいのだろうか。そうならば,「呪い」をどこまでストーリーに絡めてくるのかが気になる。
【ゲスト】松本ミトヒ。「笑いの女神」
Vol.7以来の登場。女神シリーズ(私が勝手に命名)第2弾。今回はお笑い系の女の子が登場。”笑いの奇跡”を巻き起こす友人を相方にすべく,お笑いの良さを知ってもらおうとするが……。教科書が自主規制辺りのセンスに脱帽。オチはまさかのパンツ。でもやっぱり南のキャラに惹かれるなあ。白目と猫口はギャグに強い。この子メインの話も読んでみたい。
三嶋くるみ「ろりーた絶対王政」
何度も言うけど傷持ちの男子視点ってだけで今作はずるいと思う。るるは一本筋通った娘だなあ。いじめっ子に啖呵切る姿なんて特に惚れる。最後のおや?に作者の茶目っ気を感じた。

エールが”季刊コミティア”なら,フォワードは”月刊コミティア”な一面もあるよね。今はもみじ真魚ちはや御影三嶋くるみの三氏だけど,もっと登場しないかな。以前にも登場したカザマアヤミ氏とか,MAXで「ちびっと!」描いてる楠見らんま氏とか。ふかさくえみ氏が登場したらマジ神だと思う。親和性は絶対高いと思うんだけどなあ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/692-34b04a3f

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム