スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2007年10月号

夏コミ企業ブース販売物の誌上通販あり。

高野うい「あにけん」
巻頭カラー。あれ,コミケじゃない!? と思ったらやっぱりコミケだったという予定調和。
森圭治「こまらぶ」
連載再開。メイド喫茶。高野先輩怖ぇー。キャラがさらに強力に。そして藤代君オワタ。このまま引きずり込まれそうだ。
内村かなめ「もっと!委員長」
今作の舞台は瀬戸内だった!? なんてね。くまちゃんの不憫キャラが加速している。
湖西晶「ソーダ屋のソーダさん。」
生々しい女たちのやりとり,消えたなつめ,失意の沙和の発した言葉。何すかこの怒涛の展開は。
【ゲスト】永緒ウカ「みつきにっき。」
8月号以来のゲスト掲載。光貴姫のコスプレ姿を見ると逆説的に和装が映えるなあと思ってしまう。きっと和の言葉遣いの印象が刻み込まれてるんだ。そんなことを思った私は最近和の姫様キャラが気になっている。「暴れん坊少納言」とか読んでみたいなあ。
【ゲスト】蒼月ユズ「ひなイズム」
第2回一迅社コミック大賞ギャグ・四コマ部門部門賞受賞作。道場の弟子と師匠。ある雨の日,師匠が雛菊という名のみなしごの幼女を拾ってきた。この娘が顔に似合わず毒舌で,弟子は彼女にきりきりまい,という感じの話。大分完成されている印象。容赦ない毒の雛菊と耐え忍ぶ弟子とのハイ&ローなやりとりで見せてくれる。あとは雛菊に弱点というか,可愛げがあって欲しいなと思った。
一迅社もぱれっと含め各誌で新人賞作品を募集しているようなので,今後も新人賞出身の人たちが出てくるのかもしれない。こういう刺激には期待したいところ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/691-c5b431fd

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。