スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがくらぶオリジナル』2007年10月号

携帯電話で雑誌の特定のページを撮影して送ると特別映像が閲覧できる動画企画あり。今の画像認識技術ってすげー。

野広実由「うちの姉様」
先月号からの連載作品。早速新キャラの東大男子が登場。こちらは分かりやすいストーカー,もとい,変人さんだ。天才という記号には変人が良く似合う。ラブコメへの準備もOKということかな。真面目な一面も見てみたいなあ。
中島沙帆子「シュレディンガーの妻は元気か」
空気が読めないんじゃない! 世界を正確に記述し伝達しようとしているだけなんだよ旦那さんは! と主張してやる。これくらい理系な記号にまみれていると突き抜けていて痛快だ。
「ぼく、オタリーマン」が人気になる時代なんだから理系人間だってプッシュされていいと思う。「うちの姉様」とか,芳の「白衣とリボン」とか。双の「微分・積分・いい気分」が終わっちゃってるのが惜しいなあ……。あと腐女子ブームに乗って「電脳やおい少女」とか復活しませんか?
さとるサブレ「シローとシロ」
尻を追い尻に敷かれ。さとる氏はネタも絵も最近はかなり良くなってきてると思うのですよ。今作では奇をてらわない日常ファミリーネタでしっかり見せてくれる。毛色の違うファミリーものも読んでみたいなあ。
【ゲスト】東屋めめ「リコーダーとランドセル」
ちんまい高校生の姉と,姉より大きい小学生の弟。彼の背中にはリコーダーとランドセル,という話。姉の視点から,弟の外見と内面のギャップを見せてくれる。分かりやすくて面白い。最後の一本でいい話にもって行くかと思いきやちゃんと落としてくれるところが個人的には好印象。連載ならもっとキャラ設定を詰めなきゃいけないんだろうけど,単発で見せるならこれくらいがちょうどいいのかな。作者の仕事量的に,連載にはなりにくそう?
小坂俊史「やまいだれ【疒】」
ついに本格的な犯罪に手を染めるキャラが……。小坂氏のブラックジョークはここまで来たかと思ってしまった一本目と最後。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/684-37cb3e97

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。