スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがくらぶ』2007年9月号

古きと新しきが同居するこの雑誌の秩序については近いうちに考察したい。

業田良家「新・自虐の詩」
「向こう岸」の世界が存在感を増し,ロボットの小雪の「感情」にも変化が。このふたつをどう混ぜて絡めてくるんだろう。
【ゲスト】ワカマツアツト「はずかし☆うい子さん」
ライフ9月号に続きゲスト掲載。恥ずかしがりな転校生・うい子さんと,隣の席の男の子の日常。小動物的な可愛さと,恥ずかしがりゆえの滑稽さを兼ね備えたうい子さん。男の子の視点から描かれる彼女のキャラが可愛らしい。赤面は強し。また読みたい。
ふくた伊佐央コンビニ番町
先月号からの連載作。読み方がつかめてきた。ÖYSTER氏の作品に似て,シュールさとハッタリで見せてくれる作品だ。番長君の行動が予期せぬ良い結果をもたらす,的なネタが好きだなあ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/671-77e6b472

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。