スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムオリジナル』2007年9月号

「マイ・ベスト・夏休み」と称して,他誌作品や新作が5作品ゲスト掲載。タイオリの平均的な連載陣と比較すると,この部分はフレッシュさが際立っている。タイオリは芳文社の4コマ誌の中で「変化」という言葉から最も遠い位置にあるように思うんだけど,少しずつ変わろうとしてるのかな。

【ゲスト】茶崎白湯「おたママ♥」
先月号に続きゲスト掲載。いいお母さんだ。ネタとしても,まさに「お母さん」としても。続けて読みたい,と思った矢先,茶崎氏は今回掲載を最後に紙媒体の仕事をお休みとのこと。いつか誌上に再び登場するその日が待たれる。
【ゲスト】未影「イチロー!」
件のゲスト5作品のひとつ。きららキャラット・MAX連載の浪人予備校生少女4コマ。きらら系列氏からタイオリにゲスト掲載ってだけでマジ驚きなんですが。掲載ページの半分がキャラ紹介に使われている辺り,キャラをネタにする4コマなんだなあと感じさせる。タイオリではそれが特に際立つなあ。
【ゲスト】京極ちひろ「アキバ娘あっぷろーど」
秋葉原の電気店の女店長と看板娘。奇をてらわないネタとシンプルな線のキャラで安心して読める。あと金髪ロングウェーブの店長さんはそれだけでずるい。また読みたい。
【新人企画】新人競演!! テーマ「わかっているけど止められないっ!」
日常あるあるネタとしては,霜田宰氏の空き箱ネタ,相聞春夜氏の缶コーンスープネタに共感。一方で袖山リキ氏はテーマの先入観をいい意味でぶち壊すネタをやってくれるなあ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/666-f98a0d07

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。