芳文社『まんがタイムスペシャル』2007年9月号

【新連載】野広実由「なないろレシピ」
パティシエール!」の野広氏が待望の新作で登場。親から受け継いだ料理教室を営む,背はちょっと小さいけど料理の腕は抜群な女先生の話。料理はすごいんだけど片付けは苦手だったり,実は惚れっぽい性格だったりと,料理以外での一面も愛らしく見せてくれる。そんな彼女の姿を引き出しているのは,クールでミステリアスな助手さんと,虫よけ世話役のじいや。この2人が彼女の魅力をどんどん引き出してくれる,そんなことを期待しちゃう作品。
野広氏はくらオリでも,三人姉弟4コマ「うちの姉様」の連載を開始。待望の新作の新連載がここに来て二本同時に始まったことは嬉しい限り。今後も楽しみ。
北条晶「はっぴぃママレード。」
エプロン・制服・私服・浴衣・晴れ着と五変化だぜお母さん! 私服姿がまぶしいぜ……。それはさておき夏祭り。武史くんも大崎さんも良い赤面。俺は赤面キャラが好きすぎる。
【ゲスト】秋吉由美子「なでしこ3on3」
「まつのべっ!」の連載終了から4か月,秋吉氏がタイスペに復活。参道の神社・そば屋・甘味屋の3人娘。一番の後輩で甘味屋の子の誘いに,あとの二人も久しく遠ざかっていたバスケをまた始めることになり――,という感じの話。ギャグよりもキャラクターの関係性の描写に重点が置かれているように感じる作品。平たく言えば「まつのべっ!」に近い印象。今回はゲスト扱いだけど,ここまでキャラクターを見せておいて終わることはないだろう。次回掲載で話がどう転んでいくかに注目。
オザキミカ「だてまき。」
マサムネくんの実家へ。小さい体でもりもり食べてるのはいつもと変わらず。それなのに不思議と飽きが来ないんだよなあ。抗えない楽しさ。
単行本1巻が8月7日に発売。個人的には,8月発売の単行本の中でぶっちぎりに期待してる作品。発売日が楽しみ。
【ゲスト】おぐら可奈「どろろん日記」
暗い夜道,目の前にうっすらと現れたお化け。でもこのお化け,怖いと言うよりも可愛い……? ありていに言えばマリオのテレサ的な,そんなお化けの話。目・口・ほっぺ・頭の三角・輪郭の5パーツが極度なまでにシンプルに描かれるお化け。それでもキャラとしての魅力が損なわれないどころか,むしろ強まっている。これがシンプルな線の力なのか……。野良お化け的な日常が描かれるお話は,気張らず気楽に読めて良い。あとは,人間キャラがもっと魅力的だったらなあ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/663-9b71a21d

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム