スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきららフォワード』Vol.9

早売りじゃないのよ,先月発売号なのよ……。

湖西晶「エデデン!」
ちょ,前号の一件でしっかりと孕まされてて,しかも産んでるがな! 扉からそんな予想外の展開。男性否定派・ユリ教の教祖様が登場したり,林檎の秘密が明らかになったり,ストーリー的にも盛り上がってきた。……といったところなんだけど,何と次号7月発売号で最終回とのこと。ぬおお……,これは残念と言わざるを得ない。しかしこればっかりはしょうがない。単行本は出るようなので,最終回とともに楽しみにしたい。
【二本立て】三嶋くるみ「ろりーた絶対王政」「Angel Cheeks」
「ろりーた~」は連載第2回。ああ,やっぱりこの作品は「男の子」という視点が良い。やわらかく言えばチェリー的な妄想というか夢見がちというか。女の子の一挙手一投足にまでそんな要素が詰め込まれていて,波長がやたらと合ってしまう。お話の方は,クラスメイトの女の子たちが登場したり,双子のちんまい方・りりの秘密が見え隠れしたり。まだまだストーリーの流れははっきりとは見えてこないけど,長い目で読んでいきたいと思う。
「Angel~」は同人誌原稿からの再録で,ガールズラブもの。袴田めら氏もそうだけど,こういうコミティア的な恋愛作品の受けは良いのだろうか。もしそうだとしたら,次は佐倉藤丸氏や児玉理帆氏辺りが来るのかなあと妄想してみる。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/661-3a3b8322

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。