スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重野なおき「ひまじん」3巻

重野なおき「ひまじん」3巻

「そ そうだ…確かに受信料を払うのは義務じゃない…

運命(さだめ)だぁー!!」「えー?」

『まんがタイムジャンボ』で連載中の4コマ漫画。内職で生計を立てる主人公・森川つぐみと、その周囲の人々の日常を描いた作品。11月4日発売の『ジャンボ』12月号と連携したサボテン・緑丸のプレゼント企画あり。

つぐみの自堕落っぷりもさることながら、この巻ではサブキャラのMHK男が面白い。受信料をしつこく取り立てにくるものの毎回つぐみに追い返される彼には哀愁さえ感じる。あとは上でも書いた緑丸もポイント。緑丸はつぐみが育てているサボテンのことだが、この巻だけで6号から17号までが登場し、しかも全部つぐみが枯らしている。ここにも哀愁を感じずにはいられない。

しかし、MHK男といい、私屋カヲル「ちびとぼく」の郵貯の男といい、タイムリーな話題に巻き込まれちゃってるキャラだなあと思った。今後の社会情勢次第では降板の可能性もあるわけだし。まあ、こればっかりはどうにもならないか。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/63-f4f24639

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。