芳文社『まんがタイムジャンボ』2007年7月号

荻野眞弓「白衣とリボン」
ああもう,この好き合って信じ合って待ってるっていう関係がたまらなくいい。本当,ゆりちゃんは理想な娘やわー。あと,准教授のゴトー先生が登場。鬼教官な一方で,巻末4コマではお茶目な面も。
【新連載】CHI-RAN「のるか×そるか!?」
ジャンボ5月号のゲスト掲載を経て新連載。失敗と成功を司る女神,ノルカとソルカに振り回される男の日常。側にいたい想いと,もたらされる未来とを天秤にかけて揺れ動く男の姿が滑稽。関係が閉鎖的なだけに,どうネタを広げてくるのかが気になる。
【企画】新人4コマ道場
ラブリーとの合同新人企画とのこと。D1グランプリ的な位置づけ? 「夏」をテーマに,4人の新人の4コマが掲載。岡本豆太氏は夏休みの子供たちを描いているけど,お母さんのセリフが強烈で印象に残った。キャンプファイヤーのくだりはないわー(褒め言葉)。
【新連載】ナントカ「子うさぎ月暦」
前作「新釈ファンタジー絵巻」に登場した執事・サフォークが主役。ミニ君の育児記を描く。サフォーク,ミセスコリー,そしてミニ君のバランスがおかしみを生み出している。いつの世も,子供は無邪気で,女は強く,そして男は弱い,てな感じにまとめたくなる。
【D1連載(1/3)】かわぐちけい「ふかふか」
第7回D1読選グランプリより登場。姉の息子に”おばさん”と呼ばれる16歳女子高生。オーソドックスなファミリーもの。コマ内の情報が適度にまとまっていて読みやすい。4コマ目でもっと魅せてくれることに期待。

次号から田川ちょこ「ひかるファンファーレ」が新連載。ジャンボ4月号5月号6月号,そしてラブリー6月号でのゲスト掲載が,個人的にはどれもヒットだったので期待。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/623-eee9a2d1

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム