竹書房『まんがライフオリジナル』2007年5月号

【最終回】私屋カヲル「ちびとぼく」
8年間の連載にもついに幕。先月号の終わり方はちびの死を思わせるものだったけど,特に何事もなく最終回。シャルル,ジジイ,郵貯の男,アニキと,作品に彩りを与えてきたサブキャラも豪華勢ぞろい。最後の一本まで平凡な日常なのがこの一人と一匹らしい。いい作品でした。単行本最終巻の10巻が6月に発売予定。
【新連載】秋吉由美子「あくまCalling」
1月号のゲスト掲載を経て連載化。ちびっ子悪魔が人間界に不幸をもたらすかと思いきや,何故かある一家に居候してドジばっかりの毎日で,という感じの話。あらゆることに動じない一家にきりきりまいの悪魔っ子。ツッコミ放置のまま進む話が楽しい。
【集中連載(1/3)】のしお「全力委員長」
2月号から再登場。メガネ&三つ編みと,いかにも委員長そうないでたちで,しかし性格は唯我独尊な委員長の話。こんな性格の委員長ながら,真面目な副委員長のおかげでバランスが取れてて,委員長がなかなかいいキャラになってる。サブキャラでネガティブな小山田さんも独特の雰囲気でいい味。今後も期待。
のしお氏は竹書房漫画新人賞にもノミネートされてるけど,これまでのゲスト掲載歴を考えると,賞を取るならこの人かなあと思う。
真島悦也「ちとせげっちゅ!!」
最近ちとせの雰囲気が変わったよなあと思ってたけど,目の描き方が変わってることに気づいた。ベッタリと黒く塗られた目は幼さを感じさせる。その方がちとせらしいのかもと思った。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/579-a44487c1

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム