スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがくらぶ』2007年4月号

山野りんりん「ちこりん日記」
妹・ちこりの結婚を想像して泣きむせぶお兄ちゃん。一方のちこりはマイペース。日記の言葉にもきっと他意はない……と思う。単行本1巻が現在発売中。
カラスヤサトシ「おのぼり物語」
東京での新生活を始めた作者。前半は東京に負けたらアカンと前向きな作者だけど,最後の一本に近づくにつれて不安な感じが一気に来るなあ。読ませてくれる。一発ネタではエア風呂エア酒に笑った。
業田良家「新・自虐の詩」
向こう岸の貧民街。ロボット技術が発達した未来の世界の様子が垣間見える話。今後の展開にもきっとかかわってくるんだろうなあ。
「自虐の詩」の今秋映画化を控え,今号は監督の堤幸彦氏を始めとする6名が選ぶ「『自虐の詩』感動名場面!!」も企画掲載。
さとるサブレ「シローとシロ」
牧場にお隣さんがやってきた。牧場夫婦とお隣のお兄さんとで三角関係っぽい様相に? いずれにしよ,にぎやかになって今後が楽しみ。
【ゲスト】ワカマツアツト「カエルと若奥様」
奥様が愛するのは旦那様,溺愛するのはカエル様,そんな新婚夫婦。カエルにライバル心を燃やす旦那様が妙に滑稽で面白い。フレッシュな絵柄とラブラブな雰囲気も好き。特に奥様がラブリー。また読みたい。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/552-8bfe7391

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。