携帯コンテンツと4コマ漫画

dominoさんによる4コマコラムの連載が始まりました。

第1回は4コマの媒体について。新聞からWebまで,4コマの媒体の変遷を追っています。

詳しい内容はリンク先を見ていただくとして,ここで挙げられている媒体は,

  1. 新聞
  2. 4コマ誌
  3. 普通のコミック誌
  4. 一般雑誌
  5. web
  6. その他

です。

私は,ここにさらに 7.携帯電話 を加えたいと思います。

最近は多くの漫画が携帯電話向けに配信されていますが,4コマ漫画もその例に漏れません。

例えば,携帯向け漫画配信サイト・Handyコミックでは,「コボちゃん」「OL進化論」「WORKING!!」「ぼのぼの」「殺し屋さん」など,竹書房・双葉社作品を中心に約60の4コマ作品が配信されています。

同じくコミックi/コミックシーモアでも「ギャグ・コメディー」ジャンルで4コマ漫画が配信されています。作品数はHandyコミックよりもやや多く,特に双葉社作品が充実しています。

さらに双葉社は,昨年12月からHandyコミックなどで4コマ漫画パッケージ『ケータイまんがタウン』を配信しています。昨年7月に休刊した『まんがタウンオリジナル』の連載作品を中心に,合計7作品です。

livedoorも,livedoor デイリー4コマ携帯向けに配信しています。上に挙げたコンテンツが全て有料なのに対して,こちらは無料です。

調べた限りでは,芳文社は4コマ漫画の携帯向け配信は行ってないようです。上記携帯漫画サイトでも,芳文社作品は全く見かけませんでした。同社刊行の『週刊漫画TIMES』については携帯向けコンテンツがあるようですが,これは4コマ誌ではありませんし。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/533-00cbb6e6

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム