スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双葉社『まんがタウン』2007年3月号

重野なおき「うちの大家族」
勉学で通じあう智佐と浪人生。智佐らしさが前面に出たいい話でした。外野の鬼の司書さんも,登場回数は少ないが濃い。
【ゲスト】西炯子「ちはるさんの娘」
小学館の少女漫画誌で活躍中の西氏が登場。老婦人・ちはるさんと,その娘・ちなつさんの日常。齢八十にして若々しく,そしてさりげに図々しいちはるさんにきりきりまいのちなつさん。息の合った親子コンビが面白い。
私屋カヲル「だめよめにっき」
巻中カラー。扉絵の絶対領域は反則だと思います。トリプルックとか赤さん作りたいとか,何ですかこのラブラブぶりは。あと幼妻バンザイ。
【最終回】松田円「かめびより」
唐突に最終回。松田氏の日記(2/5)によると,自身も最終回について知らされていなかったようで。最後までさりげない毒を撒き散らすひなこさん。黙っていれば美人なのに……。
小笠原朋子「パラダイス*ホテル」
恩田君の元カノが登場。「さくらハイツ102」にそんなエピソードはなかったよな……。黒さ全開のさやかの笑顔が清々しい。
たかまつやよい「はるうらら」
親バカパパも,仕事と私事はきっちり区別。そして強くなる親子の信頼関係。魅せてくれるなあ。単行本2巻が現在発売中。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/528-85708c10

コメント

#160:

  • loser
  • (URL)
  • 2007年02月14日
  • 14時44分
  • 編集
>「かめびより」
自分もいきなりの最終回に残念でした。
先生のHPからメールで感想送ったら一介の読者の自分に翌日返信メールが来て驚いたことがありますが、それだけファンを大切にしている方です。
ここしばらくの双葉は一体何考えてワケワカメな打ち切りやリニューアル、雑誌の創廃刊繰り返してんでしょう。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。