スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年の4コマ単行本マイベスト10

今年1年を振り返るということで,個人的に面白かった10作品を選んでみました。

カザマアヤミ『ちょこっとヒメ(1)』

カザマアヤミ『ちょこっとヒメ(1)』

スクウェア・エニックス『ガンガンWING』連載。ナベという男の子に拾われた迷子の仔猫・ヒメ。彼女と,彼女の友達でペルシャ猫のしろこ,同じく仔犬のくっきーの3匹およびその飼い主たちの日常を描いた作品。

昨年の『4コマエディション』登場以来,私の心をつかんで離しません。ヒメを始めとする擬人化動物たちのビジュアル,セリフ,行動,そしてその全てが,脳味噌を焼き尽くすほどに可愛いです。個人的には他のあらゆる作品を差し置いて,今年一番の収穫です。

石見翔子『スズナリ!(1)』

石見翔子『スズナリ!(1)』

芳文社『まんがタイムきららMAX』連載。普通の女子高生・楓(表紙左)に,ある日突然猫耳の妹・鈴(表紙右)ができてしまった,という話。

楓にべったりの鈴が微笑ましく,百合百合しく,時にエロティック。彼女らを中心に,周囲のキャラたちが彼女らの生活を痛快にかき回していきます。そして話の端々に見え隠れする二人の過去の断片が,時にしんみりとした雰囲気も作っています。

門瀬粗『とらぶるクリック!!(1)』

門瀬粗『とらぶるクリック!!(1)』

芳文社『まんがタイムきららキャラット』連載。PC初心者で,触った機械を文字通り爆発させてしまう体質の持ち主・杏珠(手前)が,パソコン部で仲間たちとともにドタバタを繰り広げるという話。

キャラたちのコロコロ変わる喜怒哀楽の表情が見ていて楽しい。話のテンポが良くて,素直に笑える作品。PC初心者をなかなか脱しない杏珠はある意味で微笑ましいです。『きらら』作品らしく,衣装サービスも忘れておりません。

荒井チェリー『みおにっき』『ゆかにっし』

荒井チェリー『みおにっき』 荒井チェリー『ゆかにっし』

おっとりした長女・結花(ゆか),柄は悪いが料理が得意な長男・克樹(かつき),年に似合わずしっかり者の次女・実音(みお)の三人家族の日常を描いた作品。

見た目と裏腹に中身は原黒かったり,年に似合わず大人びてたり……などなど,個性的なキャラを描き続ける荒井氏の,比較的一般寄りなファミリー作品。それでも中身はアレなわけですが,そのギャップが面白くて面白くて。荒井氏の作品は基本的に買いです。

結城心一『まとちゃん』

結城心一『まとちゃん』

虫好きの小学生・まとちゃん(中央)と,その同級生達が繰り広げる日常。

あずまきよひこ「あずまんが大王」に通じるゆるさ,そしてキャラたちのインパクト。特にまとちゃんが,何でもかんでも虫に絡めて語ったり,その虫で周囲(主に担任の女先生一人)を恐怖に陥れたりする姿が面白い。『週刊わたしのおにいちゃん』時代のカラーページも美麗。

結城氏は現在,続編的作品「ちろちゃん」を,一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』にて連載中。

一智啓『ももえん。(1)』

一智啓『ももえん。(1)』

芳文社『まんがタイムきららMAX』連載。ひょんなことから姉・悠木(右)と同じ女子校に女装して通うことになった少年・由貴(左)の日常を描いた作品。

作中で繰り広げられる女の子同士の恋愛,あるいは女装少年と女の子の恋愛。ここは倒錯の桃源郷ですか? 女の子があつまっておしゃべりをするときのようなテンションで進む話が,読んでいて不思議な感覚。

カラスヤサトシ『カラスヤサトシ』

カラスヤサトシ『カラスヤサトシ』

作者自身の人生体験の断片を描いた作品。

どれもこれも直視するには痛々しかったり「空気読めてねぇよ!」と言いたくなる話ばかりなのに,不思議とこれが面白い。文字の情報量が多いので,時間をかけてじっくりと味わって読むのが吉。

施川ユウキ『サナギさん(2)(3)』

施川ユウキ『サナギさん(2)』 施川ユウキ『サナギさん(3)』

秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載。ほのぼのキャラのサナギさん(2巻左),毒舌キャラのマフユさん(2巻右)を始めとする中学生たちの哲学チックな日常を描いた作品。

子供のころに頭の中に思い浮かべていた屁理屈や言葉遊びが,あたかも再現されたかのような作品。狂おしいほどの懐かしさを感じさせてくれます。3巻では新キャラの登場により,作者の哲学ワールドがますます広がっています。

小笠原朋子『ウワサのふたり(3)』

小笠原朋子『ウワサのふたり(3)』

人気俳優・弓削誠(右)に隠し子騒動? 彼の元に突然現れた女の子・一花(左)は,誠の死んだ恋人・千花にそっくりで……,という話。

本巻が最終巻。親子に対する周囲の人たちの温かさが胸を打ちます。最終回の最後,不遇だった一花と千花が初めて報われるシーンは,本当,涙無くしては読めません。幸せな結末で本当に良かったなあと思います。

富永ゆかり『かなり*ハッピー!!』全2巻

富永ゆかり『かなり*ハッピー!!(1)』 富永ゆかり『かなり*ハッピー!!(2)』

ミスを連発するOL・香実(かなり)と,彼女に気が休まることがない課長。そんな彼女たちのオフィスの風景を描いた作品。

オーソドックスなOLもの,あるいはダメ部下vs上司もの。だけど分かりやすいギャグと可愛らしいキャラ絵で素直に楽しめる作品です。連載自体は終了してしまいましたが,来年は他の作品の連載にも期待したいです。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/491-67cfcf3c

#39: 4コマ紹介第014回

  • 4コマ紹介所
  • 2007年01月08日
  • 17時22分
よつぎりポテト様のサイトで今年のマイベスト10を年末に行っていたので うちでもやってみようかと思いました。 元ネタのよつぎりポテトは4コマ情報なら私が知る限りのトップの情報量を誇るサイト 4コマの情報量は膨大な量を誇ります。4コマ漫画を読んでいる方なら多く方 ... 全文を読む

コメント

#148:

トラックバック承認ありがとうございます。
4コマ関係のブログを立ち上げた頃から
お気に入りサイトだったので今回思い切って
紹介してみました。かなり不定期なサイトですが
4コマ作品の紹介をしていけたらいいなぁと思っています
同人誌はいまだに買った事はないのですが、それでも
4コマ作家さんの同人誌関係の活動は情報はとても
参考になります。
これからも記事楽しみにしています。

#149:

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2007年01月10日
  • 23時32分
  • 編集
コメント&ご紹介ありがとうございます。これからもどうぞごひいきにお願いします。Noaさんの更新も楽しみにしております。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。