スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『現代視覚文化研究』に萌え系4コマ評論「萌え系4コマ年代記」が収録

既に各所で話題になっていますが,三才ブックスから「2次元系」とされる諸作品の研究、レポートをまとめたムック『現代視覚文化研究』が発売されています。

その中に「萌え系4コマ年代記」(表紙には「萌え4コマ漫画年代記」とあり)という評論が収録されています。

論者は湊谷夏氏。調べてみたところ,やたら4コマに強い漫画専門店・マグマニ書籍担当Nさんのようです。

内容は,植田・いしいに始まり,いがらし・ももせ・パロ4コマの時代,そしてあずまを経て,現在の『まんがタイムきらら』へと続く4コマ史の俯瞰でした。最近の『まんが4コマKINGSぱれっと』や,「ひだまりスケッチ」「らき☆すた」のアニメ化にも言及しています。

とてもすっきりした内容で読みやすかったです。萌え系4コマを振り返るに,萌え系前史から4コマの歴史を辿っている点でも面白いと思います。

いや,むしろ,必然的にそうならざるを得なかったと言うべきでしょうか。伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド』を拠り所とする限りは,少なくともいがらしみきおは無視できない存在ですし。

また気になる点が出てきたら追記します。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/476-37ffa9a8

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。