スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一智啓『ももえん。(1)』/まんがタイムKRコミックス/芳文社

一智啓『ももえん。』1巻

ひょんな事から女子高に入学することになったオレ 野沢由貴(15)

悠木「もー いつまで鏡見てんの?学校いくよっ」

由貴「…今年から共学のハズなのに なんで男子の制服がないんだろう…」

悠木「面白いからじゃない?」

一智啓『ももえん。(1)』 p.10

倒錯の桃園へようこそ。

一智啓「ももえん。」は,芳文社『まんがタイムきららMAX』にて連載中の4コマ漫画。ひょんな事から,姉・悠木と同じ高校に女装をして通うことになってしまった少年・野沢由貴。しかし彼が美少年であるがゆえにその事実には気づかれず。彼の友達で同じく美少年の蓮,どう見てもゴリラにしか見えないのに,たまに超絶の美少女に変身する男の子・真(通称まこちん)と共に,ハーレムだけどヒヤヒヤの日常を送るという話。

設定の時点で既にぶっ飛んでるわけだけど,話はさらに奥が(いや,業が?)深い。通学路の交差点で出会い頭にぶつかった先輩の女生徒に恋する由貴くん,そして下級生の女の子からなぜか好かれる由貴くん。元々の性で見れば普通の恋のはずなのに,姿は両方とも女の子。これは百合なのか?違うのか?いずれにせよイケナイ雰囲気が漂っている。

ここにさらに「ひょっとして由貴くんて可愛いんじゃないか……?」と思った暁にはもう訳が分からない。倒錯しているのは由貴くんを始めとする登場人物じゃなくて自分?でも本当可愛いんです。抗えないんです。……はっ!俺は今何を!

そんなこんなでドタバタ展開が繰り広げられるんだけど,実はこの作品,何の説明も無しにシーンが飛ぶことが多くて,微妙に読みにくい。じゃあ作者は構成が下手なのかというとそういう風にも感じなくて,むしろこれって作者の女性的感性なんじゃないかなあとも思う。女三人集まってハイテンションでおしゃべりする姿を傍目で眺めているあの感覚。ああ,これって,カザマアヤミ「ちょこっとヒメ」の時にも感じたような。

ともあれ,こんな感覚を感知しやすいアンテナを持っちゃってる自分としては,この作品はとても心地いい。今後の連載にも期待。あと,誰かがジェンダーの観点から深く語ってくれることを切実に希望。

このブログの関連記事

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/467-0a46ad92

コメント

#135:

  • anonymous
  • (URL)
  • 2006年12月14日
  • 00時09分
  • 編集
ももえん如きでそこまで考える人はいないでしょう。ご自分で研究なさったらどうですか?

#136:

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2006年12月14日
  • 00時48分
  • 編集
ウィットの効いたコメント,ありがとうございます。「ももえん如き」と仰るなんて,ななしさんはさぞかし立派な評論をされているのでしょうね。一度拝見したいものです。

#137:

  • anonymous
  • (URL)
  • 2006年12月14日
  • 07時32分
  • 編集
別に皮肉ったわけじゃないですよ。ももえんはきららでもマイナーで殆ど話題になっておらず、まともに批評してるのはSweetPotatoさんくらいのものなので、他人に期待しない方がいいという意味です。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。