私屋カヲル『ちびとぼく』8巻

私屋カヲル『ちびとぼく』8巻

ばるたん「ギニャ~~♥」

こんな日が ずっと続くと思っていた……

私屋カヲル『ちびとぼく』8巻 p.12「幸せな日々」

郵貯の男とばるたんの明日は。

私屋カヲル「ちびとぼく」は,竹書房『まんがライフオリジナル』にて連載中の4コマ漫画。猫好きの男の子・ケンヂくんと,彼に溺愛される猫・ちび,および彼らの周囲の猫好きな人々の日常を描いた作品。

8巻は,まず表紙が面白い。このちびにセリフをつけるなら「うーん,ほどよい塩味」といったところかな。え,食べちゃうんですか?

8巻の主役は,真面目公務員(もう公務員じゃないかな?)・郵貯の男と,彼の飼い猫で元は捨て猫のサーバルキャット・ばるたん。ばるたんと幸せな日々を暮らしていた郵貯の男は,ある日,ペットショップのサーバルキャットの値札を目にする。そこには彼の給料の何倍もの値段が。それを期に,元の飼い主のこと,そしてばるたんとの別れが頭の中に浮かぶ郵貯の男。さらにサーバルキャットが規制動物ということも知り,揺れる郵貯の男。彼らに安寧の日々は訪れるのか……。実は連載のほうでは,この一人と一匹の結末は既に明らかになっているのだが,それは次の単行本に期待することにしよう。

この他,8巻には「実録ちびとぼく」やゲスト寄稿も収録。ゲストは犬上すくね氏と後藤羽矢子氏。ともに猫擬人化。最近は猫擬人化が流行ですか?犬上氏の描く,ヤクザのアニキと仔猫ちゃんの絡みはなんともエロティック。また,単行本プレゼントにはちびとぼく4コマバスタオル。絵柄が気になるので応募する。

関連記事

『ちびとぼく』7巻は買ったけど感想は未筆。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/466-a614b774

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム