スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋にちょっと手にとって読んでみたい4コマ漫画10冊

特に海藍,むんこ,きゆづきさとこ作品を読んで「他の4コマも読んでみたい!」と思っている方々へ。

前にも書いた気がする4コマへの入り口(試しにこれを読んでね的作品)を考えてみるとか、拡材にしても新規のお客様をつかむためのものにするとか。

dominoの編集後記 - 仮想:コミック売り場における4コマまんが

最近では上で挙げた作者の作品のように,4コマ作品でも大きな話題になる作品がありますが,それ以外の作品をほとんど知らないという方は多いのではないでしょうか。

「せっかくの読書の秋,この機会に新しい4コマを読んでみよう!でもどんな作品があるのか,どんな作品が面白いのか分からない……」

そこで誠に勝手ながら,すいーとポテトが個人的に好きで,しかも多くの人が笑って楽しめるであろうオーソドックスな作品を10作品ピックアップしてみました。選考基準は以下の通りです。

  • 4コマ誌を多く出版している芳文社竹書房双葉社の三社の作品に限定
  • すいーとポテト自身が読んだことがあり,自身が真におすすめできる作品
  • 超有名所と思われる作品は除外
  • 一作家一作品

項目一,本来なら全ての出版社の作品から選びたいところですが,dominoさんの言う4コマの閉鎖性というのを考慮し,こんな作品もあるんだということを知ってもらうという意味も込めて,あえてこの三社に限定しました。

以下がその10作品です。順番には特に意味はありません。以前に私が感想を書いた作品については,そちらへのリンクも用意しました。これらの作品が入り口となり,4コマにさらに興味を持っていただければ幸いです。

重野なおき『うちの大家族』1~3巻,双葉社

重野なおき『うちの大家族』

大家族・内野家の父+3男5女+犬のドタバタな日常を描いた作品。

「笑いありドラマあり」とは聞き慣れた言葉だけど,その言葉はこの作品のためにあるんじゃなかろうか。何気ない日常に笑いを,そしてふとした時に家族愛と青春を描く。しかしいずれの場合も,最後には笑いを与えてくれる。ドラマとギャグが見事に融合した作品。

小笠原朋子『ウワサのふたり』全3巻,竹書房

小笠原朋子『ウワサのふたり』

売れっ子俳優・弓削誠の元に,ある日,彼のことを「パパ」と呼ぶ女の子・佐倉一花がやってきた。一花は弓削の別れた恋人・千花の子供で,母である千花が病死してしまい,彼を探しにきたと言う……。

普段の生活を通して少しずつ本当の親子になっていく二人の姿がドラマチック。親子愛のみならず,弓削のラブコメも見所の作品。最終巻の幸せな結末には感動のひとこと。良心的な作品。

山野りんりん『はにーすぃーとティータイム』全4巻,竹書房

山野りんりん『はにーすぃーとティータイム』

長女・茶苗(表紙中央),次女・葉摘(右),三女・珈流(左)は,とある喫茶店・すぃーと館の看板娘三姉妹。今日もお客様をメルヘンチックな名前のメニュー(茶苗考案)でお出迎え?という話。

主視点は長女・茶苗。すぃーと館にやってくる甘い物好きの営業マン・柿沼さんとのおバカなラブコメ展開が繰り広げられる。少女漫画的な可愛さの女性キャラも特筆。男性・女性どちらの方にも。

おーはしるい『夫婦な生活』1~9巻,芳文社

おーはしるい『夫婦な生活』

普通のサラリーマン・としゆきと,おっちょこちょいな奥さん・みえこの日常を描いた作品。

ほのぼのとした夫婦もの。ドジばっかりだけど前向きなみえこさんに和んでしまう。時々見られる夫婦の甘々な雰囲気も素敵。個人的には男性の方に読んで欲しい。ちなみに,4コマだけでなく,時々ショート編も入っている。

富永ゆかり『かなり*ハッピー!!』1巻,双葉社

富永ゆかり『かなり*ハッピー!!』

ドジOL・かなりと,その課長との怒り怒られな日常を描いた作品。

オーソドックスなOLもの。ミスばかりだけどマイペースなかなり。しかし可愛い絵も相まってか,これが不思議と憎めないキャラ。かなりの策につい乗せられてしまう課長の姿も面白い。11月11日には単行本2巻(完)が発売。

安堂友子『天子様が来る!』1巻,芳文社

安堂友子『天子様が来る!』

インスタントエンジェルの精・天子様は,カップ麺を食べる人のところに気まぐれに現れては,その人の願いを叶えてくれる。だけど時には叶えなかったり,叶えたとしてもその人が迷惑に巻き込まれたり……,という話。

願いに夢見る人たちの夢を容赦なくぶち壊していく天子様が痛快。お世辞に弱かったり,イケメンにはひいきしたりと,天使らしからぬふてぶてしさも魅力。

私屋カヲル『ちびとぼく』1~7巻,竹書房

私屋カヲル『ちびとぼく』

公家眉猫・ちびと,ちびを溺愛する飼い主のケンヂ君,およびその周囲の人々の日常を描いた作品。

ケンヂ君の猫に対する度を越えたおバカな溺愛ぶりが見所。サブキャラたちも彼に影響されて(?)猫ラブになっていく。猫好きの方にもそうでない方にも。12月7日には単行本8巻が発売。

松本ぷりっつ『ぴよぴよ保育園あいこせんせい』1巻,竹書房

松本ぷりっつ『ぴよぴよ保育園あいこせんせい』1巻,竹書房

ぴよぴよ保育園のあいこ先生は子供たちに負けず劣らずやんちゃな保育士。今日もわんぱくに子供たちを保育中?という話。

松本氏は元保育士。作品では「うちの3姉妹」の方が有名なのかな?保育士たちと園児たちの振り回され振り回されの掛け合いが面白い。コミカルで可愛い絵もキャラたちのやんちさゃとマッチしてる。どちらかと言えば女性向けかもしれない。

小坂俊史『せんせいになれません』1~4巻,竹書房

小坂俊史『せんせいになれません』

6年2組の河田先生(表紙右)と6年1組の池田先生(表紙左)は問題児よりも問題のあるダメ教師。賭け事に授業サボり,給食泥棒に二日酔いは当たり前。彼らを担任に持つ6年1・2組の生徒たちは困りっぱなし?という話。

彼らの行動が不思議と不快でなく,むしろ痛快。先生だって人間だもの。生徒は律儀にひとクラス40名×2クラス=80名登場するけど,1巻は生徒一覧もあるので問題なし。むしろ生徒一覧を眺めているだけでも楽しい。また,人間離れしたミステリアスな生徒・桃山は,生徒の中でも特筆すべき存在。何故日によって身長が大きく伸び縮みするのかと。何故念じるだけで真夏の教室でも汗をかかないのかと。

荒井チェリー『三者三葉』1~4巻,芳文社

荒井チェリー『三者三葉』

元気で大食いの小田切双葉(右),お嬢様でSの西川葉子(中),腹黒だけど動物好きの葉山照(左)の三人娘の日常を描いた作品。

連載誌は『まんがタイムきらら』系列誌。「『きらら』って萌えだけで笑いがないんじゃ?」という先入観をお持ちのそこのあなた!ちゃんと笑える作品もありますってば。三人のキャラが毒舌を交えて直接現れたギャグが楽しく,そして分かりやすい。荒井氏の作品の面白さはこの強烈な女性キャラにあり。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/427-82c6b4c0

コメント

#126: 私も、、、

久しぶりに書き込みさせていただきます(といっても先々月一度書き込ませていただいただけですが)。

今回すいーとぽてとさんが紹介なさっている4コマ漫画、私も好きな作品が多数入っています^^。
(『天子~』、『うちの~』、『ちび~』、『かなり~』等は購入しています。)

私は4コマ漫画が好きなので(4コマ暦はあさいですが)今回紹介されている作家さんは有名な人たちばかりだなぁと思ったのですが、一般的にはやはりそう認知されたいないんでしょうかねぇ?

話は変りますが、そういえば、以前、すいーとぽてとさんがボマーンの作品がOYSTERの作品のオチに似てきていると言う話ですが、

私も最近そう思います。
特に今月号(12月)の『ほほかベーカリー』はOYSTERテイストな作品だなぁと思わされるオチが多数存在しました。
たしかに、OYSTERの作品は4コマ漫画の手法として興味深いなぁと思います。
でも昔のボマーンさんの作風も嫌いじゃなかったのになぁと思いました。

駄文失礼しました。

#127:

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2006年11月08日
  • 21時14分
  • 編集
ちゃんと調べたわけではないですが,他の雑誌で連載されている漫画家さんに比べて,知名度は低いように思います。

自分は「トリコロ」や「ドージンワーク」を単行本で買っている友人に荒井氏の名前を尋ねたら「知らない」と返されました。

私屋氏は「こどものじかん」効果なのか,私の周りでは知名度は比較的高いです。「ちびとぼく」を知っている人はいませんでしたが。

非4コマ誌で4コマの連載をされている漫画家さんの方が知名度があるように思います。『モーニング』のとりのなん子氏とか,『ヤングジャンプ』のさんりようこ氏とか。

ボマーン氏については,ああいうのもありかなあと。

#128:

確かに、4コマ漫画の作家は一般的には知名度が低いのかもしれませんね。

いがらしみきおや、吉田戦車、臼井義人なんかは超有名だと思うのですが、4コマ漫画はメディアへの露出が低い作品が多いので、その点が不利になってしまうのでしょうかね。

話は変りますが、今まで『まんがタイムジャンボ』は漫画喫茶で好きな作品(『~朝倉さん』、『ひまじん』、『さゆりん』等)だけさらっと読む程度だったのですが、しっかり読んでみるとストーリーが奇抜でよく練りこまれた作品(『こどもブロッサム』、『おとなの生徒手帳』)が多いことに気づきビックリしました。
これからはジャンボもしっかり読むことにします。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。