芳文社『まんがホーム』2006年12月号

【新連載】宮原るり「恋愛ラボ」
前号のゲスト掲載を経て新連載。ガサツな女の子が恋に恋する生徒会長の女の子に恋の手ほどきを? という感じの話。生徒会長の女の子がおバカで楽しい。今後も期待。
【新連載】吉田美紀子「メルヘン父さん」
こちらも前号のゲスト掲載を経て新連載。専業主夫でメルヘンチックなお父さんが主人公。お父さん,奥さんや娘さんに愛されてますなあ。こういうキャラが主役の作品って,吉田氏の作品では珍しいかも。
【ゲスト】八木ゆかり「ハイ・ファイブ!」
主人公は吹奏楽部に憧れる転校生。しかしこの学校の吹奏楽部員は変な人たちばかりで,部活も廃部が既に決定していて……,という感じの話。八木氏はROなどのアンソロを描かれている方の模様。わいわいがやがやした話の展開が,コミカルな絵とマッチしていて楽しい。これはいい。再掲載されないかな。
【ゲスト】豊田アキヒロ「てんたま。」
ある日突然屋根を突き破って現れ,自分のこと天使と言う女の子。そしてなぜか彼女と一緒に暮らすことになってしまった男の子の話。平常心で冷静なツッコミをする男の子が,あざとさがなくていいなあ。ダメ天使な女の子も可愛い。

最近の『ホーム』は新連載もゲストもフレッシュで,毎号が楽しみ。むんこ「らいか・デイズ」を基軸にして若返りが進行中なのかな?

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/426-43a612cf

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム