スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾高純一『勤しめ!仁岡先生(1)』/ガンガンコミックス/スクウェア・エニックス

尾高純一『勤しめ! 仁岡先生』1巻

浅井「そうだ この方は年上だ アニキって呼べ!!」

仁岡先生「先生でいいんだよ」

上原「アニキぃ~」

仁岡先生「おめぇまで言うなぁ」

浅井「…それってアニキと呼んでいいのは私だけってことか?」

仁岡先生「ちげぇ」

尾高純一『勤しめ! 仁岡先生』1巻 p.24 「呼び方」

第一印象は「とてもガンガン的なギャグ漫画」。こういうの好きだなあ。

尾高純一「勤しめ! 仁岡先生」は,スクウェア・エニックスガンガンパワード』にて連載中の4コマ漫画。新任の生活指導の男性教師・仁岡先生は大の子供嫌い。そんな彼に,彼が担任するクラスの真面目なちびっ子不良(?)女生徒・浅井が惚れてしまって……,という感じの話。

帯の煽りにはある意味新しい(?)学園ゆるゆる4コマ!!と書かれているけど,むしろハイテンションバカギャグ4コマと言った方が正しいかも。ベタ惚れ発言を繰り返す浅井と,鋭くツッコむ仁岡先生を中心に,大量の会話が一本の4コマ内で何度も往復し,息もつかせないギャグが繰り広げられる。

登場キャラは総じてバカ。同じく仁岡先生に惚れちゃったクラスメイトの今江は,スケバンヨーヨー片手にギャル語尾の会話をする,古風だか今風だかよく分からない不良女生徒。ロリショタ好きの女性教師・河原先生は生徒たちや童顔の仁岡先生に熱く危ない視線を投げまくり。あげくの果てに校長先生までもが,女生徒を毒牙にかけんとするダメ教師。唯一まともそうなクラスメイトの女生徒・上原も成績問題児で仁岡先生はきりきりまい。そんな個性的なキャラたちが二人の掛け合いに割り込み,話を痛烈にかき回していく。仁岡先生も青すじが立ちっぱなしだ。

その一方で,女の子キャラたちの照れる姿が可愛い。これが背伸びしたいお年頃的な発言と相まって生意気可愛い。ロリショタ好きな河原先生の気持ちは分からなくも無いわ。

……と,落ち着いて書くとこんな感じだけど,私の第一印象は「とてもガンガン的なギャグ漫画だなあ」というものだった。特にたかなし霧香氏に通じるようなあのノリをひしひしと感じる。私はこういうノリが大好きだったりするので,読み始めた瞬間「これはいいかも」と思ったけど,実際その通りで,電車の中で読んで思わず笑いそうになって危なかった。同じ好みの人なら楽しめることうけあい。

カバー裏にはおまけ漫画あり。単行本同時収録作品として,読み切り掲載作品の「リトルラバー」「ガールフレンド」を収録。「リトルラバー」は作者曰くある意味『勤しめ! 仁岡先生』原点とも言えるものだそうだ。

また,『少年ガンガン』の誌上ギャグ漫画企画・GGグランプリに掲載された「偽れ! 田村先生」も収録している。この企画,毎月ゲストが2ページのギャグ漫画バトルを繰り広げるものだけど,4コマ漫画も数多く登場している模様。興味はあるけどガンガン方面に明るくない私は,いつかたかひろ的研究館さん辺りが詳しく書いてくれないかなあと他力本願的に思っていたりする。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/419-c0ba5df1

#48: スクエニは4コマに力を入れていないことはないと思う

  • よつぎりポテト
  • 2007年03月11日
  • 16時10分
たかひろ的研究館 - スクエニ発4コマについて。(3・11参照)ガンガン系雑誌は、そもそも4コママンガにそれほど力を入れているわけではなく、ひとつの雑誌にせいぜい1つか、あっても2つくらいしかありません。そ ... 全文を読む

コメント

#129: 期待に応えて更新しました(笑)。

  • たかひろ
  • (URL)
  • 2006年11月18日
  • 22時55分
  • 編集
ここの記事からかなり遅れてしまったんですが、期待に応えて「GGグランプリ」関連の記事を書きました。

詳しくは記事を見てほしいのですが、この「GGグランプリ」というのは、本来はゲスト作家ではなく、読者からの投稿を載せるコーナーです。「偽れ! 田村先生」が掲載されたのは、あれは「特上!GGグランプリ」という1回限りのコーナーで、この時だけ雑誌の内外からプロ作家をゲストとして呼んだのです。

この1回限りのコーナーは面白かったのですが、通常の「GGグランプリ」は、正直あまり面白いとは言えないコーナーで、更新記事もかなり批判的なものになってしまいました。これに関してはご容赦ください。

#130:

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2006年11月20日
  • 23時15分
  • 編集
たかひろさん,わざわざコメント欄でお知らせ頂きありがとうございます。「GG~」と「特上GG~」については当方誤解してました。補足ありがとうございます。

記事は興味深く拝見しました。特に,後編の最後で4コマ誌連載作家の掲載に触れているところが最も興味深かったです。こんな風に漫画家の方々が普段の雑誌を超えて掲載されるのって新鮮ですし,4コマ漫画畑の方々はギャグに慣れてるはずなので企画にぴったりなのかなとも思いました。

自分は業界関係者じゃないので実際の所よく分かりませんが,新人発掘&育成は難しい問題なんでしょうかねえ……。今はWebコミックや創作系同人誌即売会など,新人発掘の場は広そうに思えるのですが。

#132:

  • たかひろ
  • (URL)
  • 2006年11月23日
  • 06時35分
  • 編集
いや、新人発掘自体はそんなに変わってないと思うんです。この場合、この「GGグランプリ」というコーナーの問題で、そもそもいい投稿が少ないのと、システム的に読み切り掲載権を獲得しづらいものになっているのが中々新人が出ない原因になっているのかなと。読み切り掲載に至るまでに多大なポイントを稼ぐ必要があり、そこまで行ける人がまず少ないのです。

「特上GGグランプリ」の、他誌からのゲスト作家の掲載は、確かに雑誌のコーナーではかなり珍しいし、面白い企画だったと思います。ただ、当時、真田一輝さんのサイトの日記で「雑誌のカラーに合わせた、少年マンガ誌に合った作風を要求されて苦労した」という記述があり、これは少々考えさせられました。元々異なる作風の雑誌からのゲスト作家ですから、そのまま作家本来の作風で自由に描かせれば、作家ごとの個性が出て競作の意味がより出てくると思いましたので。
 それに、真田さんのマンガってどうみても少年マンガ的ではないですし(笑)。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。