スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『まんがタイム』2006年9月号

【ゲスト】ボマーン「ヒントでみんと!」
困ったことが起きると頭の中にヒントが浮かんでくるという不思議な能力を持った女の子,みんとが,お隣に住むミステリー作家のお兄ちゃんと一緒に街の事件を解決する,という話。タイトルの由来はもちろんあの有名なテレビ番組。この作品の面白さはどこにあるんだろうと考えていたけど,みんとが可愛いからそれでいいや。探偵ネタは二人がラブラブするためのお膳立てに過ぎんのですよ。……すいません,言い過ぎました。次号から正式に連載開始。
【ゲスト】かがみふみを「アシスタント!!」
女性編集者を姉に持つ女の子が,気難しい漫画家のアシスタントをすることになった,という話。頼りはないけど笑顔とやる気と好奇心は満々の女の子と,無愛想だけどさりげない優しさを見せる漫画家。とてもかがみ氏らしい男女キャラだなあと思った。次々号から正式に連載開始。
【ゲスト】森ゆきなつ「タマさん」
人間の言葉(しかも関西弁)をしゃべる猫,タマさん。彼の飼い主の女の子と,お隣に住むお姉さんはそのことを知ってるけど,女の子のパパは信じてくれない。そんな中,女の子の家に,物をカビさせてしまう不思議な生き物,カビ虫が大量発生して……,という感じの話。さりげないツッコミをかますタマさんのシュールさもさることながら,女の子キャラの可愛さも見逃せない。カビ虫の大量発生の原因が家族計画ヲ失敗シテというのには笑った。細かいところのネタもうまいなあ。と,6ページの中にいろんな面白さが詰まっている作品。これはいい。次々号から正式に連載開始。って,三作品とも新連載予定なのか。『タイム』に若返り計画が進行中?

次号は松本蜜柑氏がゲスト。松本氏は,先日の双葉社『まんがタウンオリジナル』の休刊に伴い,4コマ誌での唯一の連載作品「微分・積分・いい気分」が終了。それだけに4コマ誌での再登場は嬉しい限り。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/346-72eb144b

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。