スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『まんがタイムきらら』2006年7月号

荒井チェリー「三者三葉」
満腹食堂のおっちゃんがいい味してるなあ。あと,冷やし中華のことを冷中と言うのは初めて知った。単行本4巻は8月28日に発売。
【きらスタ】コバヤシテツヤ「二丁目路地裏探偵奇譚」
女探偵助手,ショコラのもとを尋ねてきたのは,自分のことを吸血鬼だと言う女,アリスだった,という感じの話。前半のゆっくりとしたテンポに不思議な感覚を覚えた。アリスのクールキャラに対して,もっとはっちゃけたショコラが読みたいなと思った。同作品は今月発売の『MAX』と『キャラット』にも掲載予定。
【ゲスト】櫻太助「いれいざといっしょ。」
ちょ、それ勉強じゃない! 消しゴムにシャー芯を刺すのはうちの中学でも流行ってたなあ。あと,でかい消しゴムをカッターで切ってサイコロ作ったり,意味もなくボンドを机に塗って透明の固まりを作ったりってのも。懐かしい。そしてボンドたんという妄想がむくむくと。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/297-a852205a

コメント

#96:

  • kow
  • (URL)
  • 2006年06月12日
  • 01時30分
  • 編集
かなり古い話ですが
かつて「全冷中」という冗談組織がありました。
http://www.higeta.co.jp/topics/0202reicyu.html
山下洋輔やタモリなど、いわゆる「面白グループ」
関係の人たちが盛り上がっていたそうです。

#97:

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2006年06月12日
  • 23時25分
  • 編集
kowさん,コメントありがとうございます。これは壮絶なネタですね……。タモさんも参加しているあたり,らしいと言えばそうだなあと思ってしまいますが。しかし昭和50年とは。私まだ生まれてませんよ……。

#98:

  • kow
  • (URL)
  • 2006年06月13日
  • 10時29分
  • 編集
ああ、すいーとポテトさんはそんな若い世代ですか。
うちもまあ、この頃はドリフ見て笑って
ライダーやウルトラマン見てわーわーしていた
ガキだったので、あまり実感はなかったのですが
一時期、面白グループ時代の赤塚先生
(漫画家としては超スランプ時代)を
調べていたら、全冷中がアンテナに
ヒットしました。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。