『まんがライフセレクション 胡桃ちのスペシャル』

「セトギワ花ヨメ」「PaPaPaパラダイス」「Dia duit」を中心とした胡桃ちのスペシャル。三作品のキャラがミックスしたショートストーリー「D.P.S.」や,胡桃氏への電話インタビュー記事「胡桃ちのリンリンインタビュー!!」などを収録。

どうも今月号から方針が変わったっぽい。先月号まではメイン作家以外は全てゲストだったけど,今月号からは新連載が三作品スタートし,今後も継続して掲載される模様。個人的には,『ライセレ』は毎号変わるゲスト作家も楽しみにしていただけに,このような形で掲載陣が固定されてしまうことはちょっと残念。

【新連載】あらい・まりこ「有栖川の生活」
ボロアパートに引越してきた女性,有栖川。彼女のことを男だと思い込む隣人のニューハーフ,真面目なサラリーマン,口は悪いが心は優しい大家など,アパートには個性的な住人がたくさん,という感じの話。あらい氏はこの作品が「東京眼鏡」に続き二本目の連載作品。独特の雰囲気は健在で,舞台設定とも合ってる感じ。今後どんなキャラが登場して話を膨らませるかに期待。

来月号はたかの宗美スペシャル。発売は5月25日。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/252-ae45fa97

コメント

#82:

  • イーストマン・董卓
  • (URL)
  • 2006年04月26日
  • 02時18分
  • 編集
「セレクション」のメイン作家さんはある程度人気のある作家さんじゃないと雑誌が売れないでしょうし、しかしそれでは割と早期に一巡してしまうのが予想されますので方向転換したとも考えられますね。一巡した辺りで新雑誌として独立って展開もありそうななさそうな。

#83:

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2006年04月27日
  • 01時06分
  • 編集
竹書房ってメイン級の漫画家の方々を結構たくさん抱えてると思うので,そう早くは一巡しないような気もしますが……。私は『ライセレ』を勝手ながら新人ゲスト掲載の場としても見てたので,連載陣が固定されてしまうとちょっと残念なわけです。

#84:

  • イーストマン・董卓
  • (URL)
  • 2006年04月27日
  • 01時53分
  • 編集
たしかに一巡するには最低でも一年はかかりそうですね。でも、なんとなく竹書房はその先まで見通した上で行動に移ったような気もします。

#104: 有栖川の生活

  • 月花めぐみ
  • (URL)
  • 2006年08月04日
  • 16時16分
  • 編集
有栖川の生活(あらい・まりこ)
は、新連載の中では一番期待しています。
なんともいえない、空気にハマっています。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム