スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金澤尚子「ぴよぷー玉手箱」

金澤尚子「ぴよぷー玉手箱」

ベトナムで入院しました。

作者「英語しか通じなーっい 『吐き気』なんて英語でなんて言うんだよーっ」

(まじっくのカード) Nausea 吐き気

作者「いまさら遅ーっい」

友人(カードおぼえないからだよ…)

(金澤尚子「ぴよぷー玉手箱」 p.16より)

ぴよぷーこと金澤尚子氏が、自身のオタク的日常生活、東南アジア旅行記、恐怖体験、レトルトカレーレポートなど、幅広い事柄について描いたエッセイ4コマ漫画。

おそらく収録されたほとんどの作品が、金澤氏の同人サークル「ぴよぷー本舗」が発行した同人誌「ぴよぷー玉手箱」シリーズからの再録。昨年末の冬コミでは、このシリーズ最新の第10作目が発行。私が所持しているのは第2作目と第4作目以降全て。それらと単行本を比較したところ、第10作目の一部を除き、その全てが今回発売した単行本にも収録されていた。なので同人誌の「ぴよぷー本舗」を持っている人にとっては、新しい作品も無く物足りない内容かも。だけど初めて読む人にとっては十分満足できる内容だと思う。値段は1,000円とちょっと高いけど。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、金澤氏は無電源ゲーム(カードゲームとかTRPGとか)畑の方。この辺をかじったことがある自分にとって、この辺のネタにはニヤリとしてしまったり。

収録されている作品の中で個人的にもっとも好きなのは、レトルトカレーレポートの話(同人誌では第7作目に収録)。金澤氏の好物はカレーだそうですが、食事がめんどくさいということでレトルトカレーを結構利用してるそうな。

このレトルトカレーのレポートが、読んでいると本当に食べたくなる。漫画の中でおいしそうに食べる金澤氏の姿と熱の入ったセリフは、お腹が空いているときに読んだらカレーが食べたくなること請け合い。本当に。

と、こうやって書いている間にカレーが食べたくなってきた。明日の昼はココイチにでも行こうかな。

関連リンク

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/211-e043f32d

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。