海藍「特ダネ三面キャプターズ」1巻

海藍「特ダネ三面キャプターズ」1巻

はじめはひとりの同好会だった

名簿の名前がひとり増え またひとり またひとり増え

みずほ「…それに比例して発行禁止もどんどん増え…………」

たから「…だから隔離されたのよ」

(海藍「特ダネ三面キャプターズ」1巻 p.4 「責任感の分散により」より)

『まんがタイムラブリー』で連載され、現在は休載中の4コマ漫画。ある高校の新聞部の生徒たちの日常を描いた作品。

読み進めていくうちに思ったのが「ああ、やっぱり海藍氏はすごいなあ」ということ。雑誌での連載を途中からしか読んでいない自分にとってはほとんどの話が初見だったけど、すらすらと読めていくし、面白い。「トリコロ」長期休載や『電撃大王』への移転などの騒動はあったけど、作品の方はきっちりといいものを描くなあと思った。

最初の話と最後の話が2年間分離れていることもあって、絵やセリフの量が結構違っていることが分かる。セリフについては、自分としては前半の話のように少なめな方が、さらっと読めて嬉しいなと思う。セリフの物量で攻める4コマは、最近だときらら系三誌合同新人発掘企画「きらスタ」に登場している里好「うぃずりず」を思い出すんだけど、これが4コマ系ブログでかなりの好評を得ていることが面白いなと思う。それを見てると、なかなか適応できない自分を自覚したり…。

海藍氏の「トリコロ」は『まんがタイムきらら』から『電撃大王』に移籍し、4月発売号から連載再開予定。また「特ダネ三面キャプターズ」も、同時期に『まんがタイムラブリー』で連載再開予定。ファン待望の両作品の連載再開に、4月は目が離せない月になる予感。

関連リンク

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/187-82fca188

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム