スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私屋カヲル「少年三白眼」2巻

私屋カヲル「少年三白眼」2巻

お… お父さんが… グーでぶった…

今までパーでぶったことはあっても… グーでぶったのは初めてだ!!

(私屋カヲル「少年三白眼」2巻 p.36より)

1991年10月から小学館『別冊少女コミック』にて1992年に小学館『別冊少女コミック』にて連載されていたストーリー漫画の単行本。竹書房からの新装版はこれが二冊目。三白眼の少年・阿久津ヒロムの、目つきの悪さゆえの不幸な学校生活を描いた作品。単行本2巻は描き下ろしとして「ビタワン仮面特別編~お母さんやめて~」を収録。

2巻は1巻から話の幅が広がっていて、さらに面白い。クラス替えで友達と離れ離れになってしまうことを嘆くヒロム。X-MENのサイクロプスのごとき目力を発揮するヒロム。学園祭の演劇にビタワンのマスコット犬のお面をつけて登場するヒロムのクラス。読み進めていくと、この漫画がどんどんはちゃめちゃになっていくのが分かる。それでもこの漫画が暴走しないのは、ヒロムの友達思いで親思いなキャラクターがあって、そこから生まれる話がバランスを取っているのからだと思う。

しかし、描き下ろし漫画のタイトル「ビタワン仮面特別編~お母さんやめて~」は、一目見ただけで笑ってしまった。ヒロムの母のキャラクターが自分の中にそれだけ強烈に印象付けられていたということかもしれない。そういえば表紙もヒロムの母だ。

3巻は3月27日に発売。1巻から3巻の帯についている応募券を集めると、抽選でイヌッパナTシャツが当たるプレゼント企画あり。また、4月8日には3巻発売を記念したサイン会がとらのあな名古屋店にて開催。詳細は現在とらのあなの無料情報誌『とらだよ。』61号を参照。自分は地元なのでぜひ行こうと思う。

関連リンク

追記(2006-04-15 22:42)

掲載誌の誤りを修正。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/184-a18bfb9d

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。